4月のテーマ:部屋に、クルマに春を呼ぶ。
「花」を長く美しく楽しむ16の方法。
Vol.2

DAILY TIPS

フラワーアレンジメントを長く楽しむ。

美しさを長もちさせるコツや、茎が短いフラワーアレンジメントの花だからこそできる、新しい楽しみ方を紹介します。

photo: Hisako Yanagihara words: Yuki Igarashi lecture: tocolier

そのままの美しさを長もちさせるためには、持ち帰ってすぐの水やりが大切。花を挿しているオアシスは、乾燥すると水を吸収しずらくなるので、最初にたっぷり水を含ませて。飾るときは、直射日光やエアコンの風、タバコの煙があたる場所は避けましょう。枯れてきた花を見つけたら、すぐに抜くことも美しさを長持ちさせるポイント。枯れてきた花は、高濃度なエチレンガスを発生させてまわりの花をダメにしてしまいます。アレンジの崩れが気になったら、元気な花をオアシスから抜いて、小分けに飾って楽しんで。

元気な花を抜くときは、茎の部分を持ち、オアシスに刺さっている角度のままやさしく抜きます。茎についたオアシスは、水でサッと流しましょう。

茎が短いので、グラスやショットグラスなどがぴったり。写真のように並べて飾るのもかわいい。

REPORT

C220 d STATIONWAGON AVANTGARDE

スワッグ作りを体験する、
1日限りのイベントをレポート!

Share on:

DAILY TIPS部屋に、クルマに春を呼ぶ「花」を長く美しく楽しむ16の方法。

DAILY TIPS部屋に、クルマに春を呼ぶ「花」を長く美しく楽しむ16の方法。