4月のテーマ:部屋に、クルマに春を呼ぶ。
「花」を長く美しく楽しむ16の方法。
Vol.7

DAILY TIPS

花のフォルムと色の美しさを保つ「シリカゲルで作るドライフラワー」。

乾燥剤として用いられている「シリカゲル」でドライフラワーが作れるって、知っていましたか? 吊るすタイプとは違った美しさが楽しめます。

photo: Hisako Yanagihara
words: Yuki Igarashi
lecture: tocolier

生花、ドライフラワー用シリカゲル、蓋つきの容器を準備します。容器の底から2〜3cmの高さまでシリカゲルを入れたら、その上に花を置き、花が完全に隠れるまでシリカゲルを足します。花びらの隙間まで、シリカゲルが行き渡るようにするのがポイント。花の種類によりますが、約10日前後で完成です。干して作るよりも色がキレイで、ふんわり立体的に仕上がります。
シリカゲルの色が薄ピンクに変わってきたら、水分を含んでいる証拠。フライパンなどで炒って水分を飛ばせば、繰り返し使うことができます。

花を掘り起こすときは、容器を傾けながらシリカゲルを出し、ピンセットなどでやさしく取り出しましょう。

花を掘り起こすときは、容器を傾けながらシリカゲルを出し、ピンセットなどでやさしく取り出しましょう。

REPORT

C220 d STATIONWAGON AVANTGARDE

スワッグ作りを体験する、
1日限りのイベントをレポート!

Share on:

DAILY TIPS部屋に、クルマに春を呼ぶ「花」を長く美しく楽しむ16の方法。

DAILY TIPS部屋に、クルマに春を呼ぶ「花」を長く美しく楽しむ16の方法。