4月のテーマ:部屋に、クルマに春を呼ぶ。
「花」を長く美しく楽しむ16の方法。
Vol.1

DAILY TIPS

バランスよく美しい花束、どう作る?

初心者でも失敗なし! ポイントを押さえれば、自信を持ってプレゼントできる美しい花束が作れます。

photo: Hisako Yanagihara words: Yuki Igarashi lecture: tocolier

まず大切なのは、選ぶ花の種類。バラやガーベラ、カーネーションなど、丸いフォルムの「マスフラワー」と呼ばれる花、かすみ草のような小花が集合した「フィラーフラワー」と呼ばれる花、そして葉ものの3タイプを組み合わせることが基本の考え方。これを丸く丸く円を作るように組み合わせていけば、バランスの良いフォルムに仕上がります。

花の色の組み合わせで迷ったときは、同系色で揃えてみるのがおすすめ。違う色の花を選んだときも、黄みがかっている、青みがある、ピンクのニュアンスを帯びているなど、どこか共通する色が入っているとまとまった印象に仕上がります

花束を飾る花器は、花束の約半分の高さがベスト。ローテーブルなど低い位置に置くときは、口が広めの花器を選んで斜めに飾ってみて。目線と花の位置がぴったり合うので、より美しさを楽しめます。

組み合わせ方のポイントは、まずマスフラワー3本で3角形を作り、隙間を埋めるようにフィラーフラワーをプラス。まわりを囲むように葉もので調整すれば、ふんわり立体的な花束に。

REPORT

C220 d STATIONWAGON AVANTGARDE

スワッグ作りを体験する、
1日限りのイベントをレポート!

Share on:

DAILY TIPS部屋に、クルマに春を呼ぶ「花」を長く美しく楽しむ16の方法。

DAILY TIPS部屋に、クルマに春を呼ぶ「花」を長く美しく楽しむ16の方法。