Products > COLLECTION > 最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載した、A 200 d セダンがデビュー!

最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載した、A 200 d セダンがデビュー!

words: Masanori Yamada

日本の乗用車市場では他に類を見ないハイレベルの排出ガス浄化システムをもつ、最新クリーンディーゼルエンジン搭載のA 200 d セダンが登場した。

ハッチバックのAクラスを皮切りに、続々とバリエーションを増やしているメルセデスのコンパクトモデル。対話型インフォテインメントシステム「MBUX」やSクラスと同等の安全運転支援システムの採用など、いずれも充実した装備の採用が好評を得ているが、コンパクトモデルでは唯一のセダンとなるAクラスセダンもそれは同様だ。

Aクラスのもつ若々しさとセダンボディならではのフォーマル感、そして、取り回し性に優れるコンパクトなサイズが特徴のAクラスセダンに、今回、新しく設定したのは、CクラスやEクラスなどで実績あるクリーンディーゼルエンジン搭載のA 200 d セダン。

シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射することで摩擦を低減するNANOSLIDE®加工をはじめ、エンジン本体の小型軽量化にも注力した2ℓ直列4気筒ディーゼルターボエンジンは、低振動と高い静粛性の両立のみならず、排出ガスのクリーンさも特徴。排出ガス処理用のSCR(選択触媒還元)と余剰アンモニアを処理するASC(アンモニアスリップ触媒)を増設することで、ヨーロッパのEURO6d規制、実路走行試験のステージ2RDE規制を施行前にクリアする環境性能を実現しているのだ。

きめ細やかに変速を行う8G-DCT(8速デュアルクラッチトランスミッション)との組み合わせによる省燃費性はもちろん、コンパクトなボディにゆとりある走りをもたらす150PSの最高出力と320N・mの最大トルク。最新クリーンディーゼルエンジンを搭載するA 200 d セダンの登場は、Aクラスセダンという選択の魅力を高めるものになるだろう。

関連キーワード

Share on:

RECENT POST