Drive > Travel > Eクラス カブリオレで、初夏の海辺ドライブへ

Eクラス カブリオレで、初夏の海辺ドライブへ

Photo:Taisuke Ota
Words:Satoru Yanagisawa

心地よいオープンエアを堪能するために、ラグジュアリーなE 400 4MATIC Cabriolet Sportsで三浦半島へ海辺のドライブ。

いつもより早く目覚めた、土曜日の朝。コーヒーを淹れるパートナーの後ろ姿を見つめながら、今日一日をどう過ごそうかと、思いをめぐらせる。窓の外に目を移すとそこには、雲ひとつない青々とした空。カブリオレでオープンエア・ドライブを楽しむには、絶好のコンディションだ。久しぶりに、二人のお気に入りの場所である海辺のレストランへと向かうべく、メルセデスのキーを手に取った。

現在の愛車は、E 400 4MATIC Cabriolet Sports。ソフトトップを閉じたときのクーペのようなスタイリング、開いたときの伸びやかなプロポーション、その美しさに惹かれた。そして、従来のモデルよりも後席のレッグルームが44㎜、後席のショルダールームが14㎜広くなり、ボディサイズを拡大したことで室内の快適性が増したのも魅力だった。ほかにも、2つの12.3インチディスプレイを並べた「コックピットディスプレイ」やタービン型のエアアウトレット、タッチコントロール機能を備えたステアリングスイッチなど、Eクラスならではのラグジュアリーなしつらえ。高速道路走行中にウインカーを操作するだけで、自動で車線変更を行う「アクティブレーンチェンジアシスト」など、運転支援装備も充実している。50歳を迎えた自分にとって、これほど相応しい一台はない。しかも、333馬力を発生する、3ℓV6ツインターボエンジンを搭載。安定感のある4輪駆動も相まって、スポーツモードにしたときの伸びやかで躍動感のある走りは、高速道路を下りることをためらわせるほどの楽しさがある。

MARINE & FARM SAJIMA

そんな後ろ髪を引かれながらも到着したのは、三浦半島にある佐島の海の目の前に構えるレストラン「MARINE & FARM SAJIMA」。海と山、自然に囲まれたこの地で「EAT LOCALLY」をコンセプトに、三浦市の青木農園から仕入れた新鮮な三浦野菜や、三浦半島近郊の漁港から直送した鮮魚など、地元の食材を生かしたイタリアンを提供している。もう昼下がりだというのに、店内はカップルやファミリーでランチを楽しむ人たちで賑わっていた。

MARINE & FARM SAJIMA
MARINE & FARM SAJIMA
MARINE & FARM SAJIMA

早速、二人が気に入っている、海に面したテラス席へ向かう。少し先には江ノ島が見え、コンディションがよければ富士山も臨める絶好のロケーションだ。湘南の風を感じながら、まずオーダーするのは「ローカルグリーンサラダ」(1400円)。そのときの旬な野菜を13〜15種類も楽しめるこの店の人気メニューで、もちろんすべて契約農家である青木農園から仕入れた三浦野菜。おすすめは他にもあって、自家製生地を使用し、こちらもシーフードや野菜をふんだんに用いた窯焼きオリジナルピッツァは、まさに絶品だ。

Spot information

MARINE & FARM SAJIMA
http://www.marine-and-farm.com/

ADDRESS 神奈川県横須賀市佐島3-8-35

TEL 046-854-9820

ACCESS 横浜横須賀道路・横須賀インターより阿部倉トンネルを経て、佐島・芦名方面の看板を右折、134号と交差する大楠山入口交差点を直進。(横須賀インターより9㎞12分)

営業時間
MORNING 9:00~11:00(L.O.10:45 土日のみ)
LUNCH 11:00~14:00(L.O.14:00)
CAFÉ 14:00~16:30(L.O.15:30)
DINNER 17:00~21:00(L.O.20:00)

定休日 不定休

駐車場 有り

【Mercedes-benz LIVE!読者特典】

2018年6月30日(土)までの期間中、「Mercedes-Benz LIVE!」を見た」というお客様に、同店で人気のソフトドリンク「ミントとレモンのソーダ」を1名様1品サービスいたします。

フロントウィンドウ上部のウインドディフレクターとドラフトストップからなる「エアキャップ」
ソフトトップ

気がつくと時計の針は、午後4時を指そうとしている。レストランをあとにし、海辺のサンセットドライブを楽しむべく、ふたたび愛車のステアリングを握る。E 400 4MATIC Cabriolet Sportsには、フロントウィンドウ上部のウインドディフレクターとドラフトストップからなる「エアキャップ」が備わっていて、オープンドライブ時に空気の流れを上方に跳ね上げるとともに、後方から室内への風の巻き込みを低減。ソフトトップは3層構造のアウターそれぞれに遮音性や耐候性に優れた素材を採用し、室内の高い静粛性を実現する。開閉に要する時間は約20秒で、約50㎞/hまでの速度であれば走行中でも操作することができるから、突然の雨を気に病む必要もないわけだ。そんな機能もさることながら、私はクラシックな趣のある、このソフトトップが好きだ。たとえ雨に降られたとしても、幌をたたく味わいのある雨音が、心地よく体に沁みわたっていく。『雨音はショパンの調べ』とはよく言ったものだと思う。

E 400 4MATIC Cabriolet Sports

まだ人の少ない海水浴場の駐車場にクルマを停めて、黄昏を待つ。ブルメスター社のサラウンドサウンドシステムから流れるニール・ヤングが、次第に赤らんでいく海辺の光景に、心地よくマッチしてくれた。

ABOUT CAR

E 400 4MATIC Cabriolet Sports

上質で精緻な細部が紡ぐラグジュアリーなゆとりの空間とともに、華やかな解放をもたらすカブリオレ。メルセデス史上もっとも自動運転に近づいた、最先端のインテリジェントドライブと、クルマ自身が備える通信機能によって安心と利便性が大きく広がるMercedes me connect(メルセデス・ミー・コネクト)。かつてない知性と洗練は、人生に満ちる美しい瞬間を、心から楽しむことができる。

関連キーワード

Share on:

RELATED

RECOMMENDED

RECENT POST