Style > Hobby

Vクラスが、アウトドアライフの楽しさを広げる

Photo:Masayuki Shimizu
Text:Yusuke Osumi

自然溢れる長野県茅野市でヨガインストラクターとして、また、アウトドアクラブのPRマネージャーとして活動している檀 千早さん。アウトドアのプロに、Vクラスはどう映るのか。

秋口は稲穂の薄黄色と蕎麦の花の白、豊かな緑が美しいランドスケープを生み出し、冬になれば景色は一変し分厚い雪の層が一面を覆う。いずれの季節も、晴れた日には青々とした空を背景にそびえ立つ八ヶ岳の頂も臨める蓼科高原の山麓に居を構え、檀 千早さんが旦那さんと東京から移住してきたのは11年前のこと。自宅の庭に小さなオーガニックファーム、焚き火場、鶏小屋、ガレージを作り、それと同時に、誰もが気軽に自然と向き合え、その中で目いっぱい遊べるきっかけを作りたいと、旦那さん主宰の元、CLUB3719というクラブを立ち上げた。ここで檀さんご夫婦は、マウンテンバイクや釣り、トレッキング、焚き火を使った料理教室など、様々なアウトドア体験を提供している。

檀さんが暮らす場所は、良い意味で生活環境が整えられ過ぎていない。少しの買い物をするにしても、離れたところまで足を運ぶ必要がある。ライフスタイルがガラリと変わり、必需品となったのが、都会暮らしの頃には使う機会が少なかったクルマ。彼女の現在の愛車は、移住を機に購入したというEクラスのステーションワゴンで、毎日そのステアリングを握り移動をしている。

「このあたりで生活をしている人にとって、クルマは欠かせないもの。大人ひとりにつき一台というのが当たり前で、女性の場合は軽自動車を所有しているケースが多いみたいですね。単に近くを行き来するだけだったらそれでも良いとはじめは思ったのですが、安心感や乗っていて愛着が湧くものが欲しくてEクラスを選びました。また、カフェやお花屋さんなどCLUB3719以外でヨガを開催することもあり、その際、生徒さん用のヨガマット10数枚やヨガブロックを何個も持って行くので、荷物をたくさん載せられる点も決め手でした。Vクラスなら、さらにたくさん荷物が積載できて、心強いですね」。また、Vクラスは親子キャンパーにもおすすめだと言う。「子どもがいると荷物も増えるし、マウンテンバイクなどアウトドアアクティビティを楽しみたいですよね。そんなファミリーのニーズに応えるクルマだと思います。しかも乗り心地が良いので、子どもたちも快適に過ごせそう」

所有する喜び、高い利便性を兼ね備えるメルセデスは、檀さんの新しいライフスタイルに見事にマッチしている。聞くところによると、クルマの購入がきっかけとなり遠方に行く機会が増えたそう。「北へ南へ、夫と愛犬と一緒に長いドライブをして、途中、道の駅で車中泊をしたり、クルマに乗ったままフェリーで海を渡ったりすることがとっても楽しい。Vクラスなら、テントやたくさんの荷物を積んでのドライブはもちろん、車中泊でも快適に過ごせますね」と檀さんは語る。クルマは生活における楽しみの幅を広げる。そして、クルマの大きさはその尺度だといえるかもしれないのだ。

車体が広く、長くなればその分、車内空間にはゆとりが生まれ、積載性も快適性も増す。高くなれば視点が上がり、開放的な気分を味わうことができる。Vクラスは、檀さんにとって「思わず旅がしたくなるクルマ」だと言う。余計な装飾がないシンプルなデザインや四角いフォルムも檀さんが注目したポイント。「メルセデスは都会的なイメージがあるのですが、Vクラスは特にアウトドアが似合いそうですね」

檀さんが乗ったV 220 d Sports longのラゲッジスペースは、最大5000ℓ(VDA方式)。今回使用したキャンプ道具をすべて積載しても、この通り、まだまだ余裕がある。

「大型のテント、チェア、テーブル、クッション、大判のラグ、ブランケット、カトラリー、食材などかなりたくさんの荷物を積みました。ハッチが大きく、開口部も広くてフラットなのが嬉しい。ラゲッジスペースに腰掛けて、ゆっくりお茶を飲んだりもできそうです。CLUB3719には、3泊4日かけて子供たちと山の中でマウンテンバイクに乗ったり、川遊び、焚き火、バーベキューなどをする、少年キャンプという冒険プログラムがあるのですが、このラゲッジスペースの広さはそこでも間違いなく威力を発揮しそう。自転車が何台積めるか、試してみたいですね」

積載量はもちろん、乗り味もアウトドアシーンにぴったり、と檀さんは言う。

「ボディが大きい割に、見切りが良いおかげか、取り回ししやすいクルマです。しかも、走りもインテリアの質感も滑らか。メルセデスの品格が至るところに行き届いているように感じます。これなら女性でも難なく運転できそう」

Vクラスはマルチに活躍し乗る人を選ばない、ふたつとないプレミアムミニバンだ。その理由は檀さんの言葉通り、堂々とした体躯をもつにも関わらず、誰しもが扱えるよう緻密に設計されているからだといえる。

<積載したキャンプ道具>
グランベーシック トンネルドーム XL-AG ¥83,000、3WAY スタンドハンモック ¥26,000、グランベーシック チェアfor 2 ¥12,000、グランベーシック 丸洗い3FDスリムテーブル ¥14,800
/以上ロゴス(ロゴスコーポレーション tel.0120-654-219 平日10:00~17:00 http://www.logos.ne.jp) その他、檀さん私物
 

PROFILE

檀 千早/CHIHAYA DAN

檀 千早

東京生まれ東京育ち。インポートのアパレルブランドのプレスを経験後、結婚を機に信州へ移住。5年前にヨガをはじめ、2015年にYOGA exchangeを立ち上げ。現在はCLUB3719の運営と並行してヨガインストラクターとしても活動している。
http://club3719.com/
http://yogaexchange.tumblr.com/

 

ABOUT CAR

V-Class

広大な室内空間に機能性を極めたモダンで上質なインテリア。メルセデス最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載し、セグメント最高水準の低燃費を実現。

Vクラスは「レーダーセーフティご購入サポートコース」対象です。

ダイナミックセーフティキャンペーン


関連キーワード

RELATED

RECOMMENDED

LATEST