Event > Driving

AMG 45 Driving Club

<AMG 45オーナー様限定>第5回AMG 45 Driving Club@中山サーキットの1日をレポート

Photograph:Etsuko Murakami
Text: Yusuke Aoki

AMG 45シリーズのポテンシャルに驚く。
サーキット初心者も楽しめる走行会

5月27日(土)、西日本では初開催となるAMG 45シリーズオーナー様向けのサーキット走行会「AMG 45 Driving Club」が中山サーキット(岡山県)で開催された。当日は、快晴で青空が広がり絶好のドライビング日和。開催を心待ちにしていたAMG 45シリーズオーナーの皆様は、晴れやかな笑顔とともに愛車でサーキットに乗り込んだ。

「AMG 45 Driving Club」は、サーキット走行初心者を対象にAMG 45シリーズの高い走行性能を体感してもらうことを目的とした走行会だ。今回アドバイザーとして、SUPER GTで活躍する現役レーシングドライバー谷口信輝選手と黒澤治樹選手の2人を迎えた。経験を基にしたサーキットを走る上での心得を語る2人の口調は厳しいながらも時折ジョークも飛び交い、程よい緊張感のなか「AMG 45 Driving Club」は始まった。

プログラムの内容は、セーフティブリーフィング(座学)と走行プログラム(コーナリング・複合コーナー・直線ブレーキ)、先導走行と今回はこの3つを実施した。サーキット走行のポイントや注意点を学ぶといった座学のあと、準備体操を行い、いよいよ一同サーキットへ。

走行前の準備体操後は、ドライビングポジションについてレクチャー。ブレーキペダルをしっかり踏み込める位置にシートポジションを動かす。

最初のサーキット走行プログラムはコースを使ってのトレーニング。フル加速から全力でブレーキをかける直線ブレーキ、連続するワインディングを使用しての複合ブレーキ、S字カーブを利用してブレーキングからのターンイン(カーブへの進入)の3つを繰り返し行う。それぞれのセクションでは、アドバイザーが1人1人の走行をチェックしていて、車載されたトランシーバーを通して指示とアドバイスが飛ぶ。

「もっとインについてください」「視点を遠くへ。コーナーをなめるように走って、アクセルはもう少し我慢してください」など、現役レーシングドライバーによるアドバイスは的確かつ具体的だ。谷口選手、黒澤選手ともにAMGオーナーであり、AMG 45シリーズの特徴を熟知しているのでなおさらである。個々のドライバーの力量や車両特性にあったアドバイスは、参加者の皆様にとっても非常に得難い経験といえるだろう。

走行プログラムを終えると、コースマップを使い再び座学に入る。外側からゆっくり優しくコーナーに入り、出るときはアクセルを踏んで素早く立ち上がり、ふたたび外側へ膨らんでいくスローイン・ファーストアウトとアウト・イン・アウトの鉄則に始まり、コーナーを曲がる際にどこでもっともインに近づけば良いかという、クリッピングポイントのとらえ方など、走ったコースのリアルな感触を残しつつ聞く座学は、納得できる内容ばかりだった。

サーキットだけではなく、街乗りでも充分使えるアドバイスなのだが、なかでも特にほとんどの参加者が指摘されていたのは「視点を遠くに保つことの大切さ」だった。谷口選手はその大切さについてこんな例を挙げている。「視点が近いのは、夜の山道をロービームで走ることと一緒なので走りにくいですよね。ハイビームにして視点を遠くにすれば、脳により早く情報を入れてあげられる。つまり、走るべきコースを頭に描くことができるのです」。

座学が終わると再びコースへ。今度は谷口選手と黒澤選手について、サーキットを周回する先導走行である。自分の走りの改善点を指摘された上で、コース取りを学びながら走る。実際に体験すると、自分では思いもよらなかったコースを2人が走行するのに驚く。コースを頭に入れているのはもちろんなのだが、2つ先のカーブまで見ているからこその最適なコース取りなのだということが実感できた。そんな的確なコース取りは、サーキットを最速で駆け抜けるだけでなく、普段の運転においても同乗者を安心させ、負担をかけない運転につながるのだ。

トレードマークのヘルメットをかぶり、レースながらの高い集中力で先導走行にのぞむ黒澤選手。

今日参加した、「サーキットが初めて」というAMG 45シリーズオーナーが満足した笑みを浮かべながら話してくれた。

「遅れないように必死でしたが、『なかなか走れるな』と自分でも嬉しくなりました。普段は2000回転以上回さないので、それくらいアクセルを踏むとどうなるのかという疑問は解消されました。家族と乗るイメージで購入したのですが、ここまでスポーツ性能に特化された車だとは思ってもみなかったです。また是非、参加したいと思います」

一方、サーキット走行の経験がある参加者は新たな手ごたえを言葉にしていた。

「最初にアドバイザーの皆さんからレッスンを受けられるので、どこをどう走るのか、ポイントがとてもわかりやすかった。それをふまえての先導走行はとても楽しいです。自分のAMGのポテンシャルを体験できることは嬉しいですね」

さらにもう一方。かつて「フランス車でサーキットに通っていた」という、A 45で参加していたオーナーはAMGの良さについてこう語った。

「今回の経験を通じて、もう一度サーキットに通う理由が得られたなと思いました。ブレーキパッドとオイルを交換しているだけで、十分満足のいく走りができますね。AMGは『とことん走っている』という感触があります。男くさい走りで気に入っていますよ」

その感覚は惚れ直す、またはAMGの新たな一面を見つけ出すということかも知れない。谷口選手から「峠のように狭く、アップダウンが激しい」と評されていたコースレイアウトも、結果的にAMG 45シリーズのキャラクターに絶妙にマッチしていたといえる。4輪でしっかり路面をとらえつつクラス最高レベルの馬力とトルクを全力で解放する条件が、この中山サーキットには揃っていたのだろう。

正しい運転技術でそれぞれがAMGのポテンシャルを最大限に引き出す。そうするとAMGはドライバーにまた、新たな歓びの世界を見出させるのだ。「AMG 45 Driving Club」からそれぞれが持ち帰った経験は、今後のAMGライフをいっそう輝かせるに違いない。

先導走行のインターバル休憩中に、ハンドルの切り方と視点の移し方についてアドバイスする谷口選手。

谷口信輝選手が語るMercedes-AMG

「A 45をこのたび購入することにしました。すごく気に入っています。僕はレスポンスが良くて小気味よく走るクルマがすごく好き。A 45はとても軽快に走るし、2リッターターボなのに381馬力もあって、街中で走っていてもすごく気持ちいいクルマ。サーキットでもこのまま走れますし、走れるクルマだからといって快適性を我慢しなければいけないわけでもない。レーサー目線というよりは、クルマ好きの個人的な好みとしてA 45はどんぴしゃでハマっている感じなのです」

黒澤治樹選手が語るMercedes-AMG

「4駆でコンパクト最強の2リッター381馬力。この馬力は、どのメーカーが頑張っても出すことができません。今回、初めて新しいCLA 45に乗りました。フロントにデフが入った新しいヴァージョンですが、これが本当に素晴らしかった。速いし、乗り心地もいいし、バランスもいい。今日は本気で『これ欲しいな』って思ってしまいました(笑)」

サーキット走行前には、空気圧チェックやブレーキパッドの確認など車両チェックが行われるため、安心して愛車で走ることができる。
当日はA 45を中心にCLA 45の参加者も多かった。並んだフロントスポイラーが壮観。
サーキットに危険はつきもの。走行前の座学では、谷口選手からコースの特徴や注意点など入念な説明が行われた。
予想以上にハンドルが近いポジションに驚きを隠せない参加者たち。
いざサーキットへ。トンネルを抜けウェイティングスペースに進む。緊張感が高まる。
まずはフル加速からの「フルブレーキ」を体験する直線ブレーキ。ABSがしっかり効いてハザードランプが点灯すると合格である。普段の運転ではなかなかできない体験。
中山サーキットの複合コーナーはさながら峠のワインディングようだ。新緑に映えるMercedes-AMG CLA 45。
緊張しながらS字のターンインを待つ車列。この先には谷口選手が目を光らせて待っている。
直線ブレーキのプログラムの1シーン。アドバイザーからトランシーバーによって各ドライバーにアドバイスがおくられる。
参加者たちはレーシーなデカールで、思い思いのAMGを表現していた。
中山サーキットは全長2007メートル。先導走行はアドバイザーの先導車のライン取りをそのままなぞる。このポイントは急減速をするために、派手なバックファイヤー音が鳴り響いていた。
先導走行は10分ほどでも高い集中力を要するため、疲労が蓄積する。インターバル休憩をはさみながら行った。
ワインディングを理想的なライン取りで走る参加車両たち。瞬時のシフトチェンジを実現するAMGスピードシフトDCTが威力を発揮する。
先導走行出発直前の谷口選手。さすが絵になる1シーン。
午前の参加者たち。今回の「AMG 45 Driving Club」は、午前午後の2部にわかれ同じメニューが実施された。
当日の参加記念品はオリジナルのペンとメモ帳。
中山サーキットは1971年に開設された、日本で4番目に古いサーキットである。
午後の部がスタート。サーキット走行前の注意点を聞き、走行のイメージを膨らませていく。
乗車前は、細心の注意を払い万全に。参加者の靴ひもを直す谷口選手。
中山サーキットはアップダウンが激しく、それゆえの楽しさもある。シフトダウン時に電子制御でダブルクラッチ操作を行うブリッピング機能のだいご味をたっぷり味わえる。
複合コーナーを走る参加者を、コースが見渡せる一段高い場所で見つめる黒澤選手。
今回唯一の参加だったCLA 45 シューティングブレーク。
ホームストレートに並び、緊張感とともに出走の順番を待つ。
ときおりジョークを交えながらも、重要なアドバイスをしっかり伝えてくれる谷口選手。
もっともスピードがのる高速コーナー。最大1.8バールの高過給圧、381馬力の最高出力と、475ニュートンの最大トルクを思いきり解放する。
午後の部も、穏やかな陽ざしのなか気持ちよくクルマを走らせられる。
複合コーナーを抜け、一気に加速。AMGパフォーマンスエグゾーストシステムが心をふるわせる瞬間だ。
先導走行は、1セット10分弱を5セットと充実したものとなった。
終日天気に恵まれた西日本初開催の「AMG 45 Driving Club」。
後半プログラムの参加者たち。全プログラムを終え記念撮影。
Mercedes- AMGは今年で50周年を迎える。

Mercedes-AMG 50周年

関連キーワード

RELATED

RECOMMENDED

LATEST