Drive > Family

Holiday with Mercedes

家族みんなが笑顔になる、夏休みの帰省ドライブ

photo:Masaya Abe
words:Masanori Yamada

片道3時間、杵淵ファミリーの長野・帰省ドライブ。

クルマ好き親子とメルセデスAMG

「実家は長野県千曲市の方なので、都内からだとそこそこのロングドライブになりますね。でも運転好きの自分にはむしろ、“走り甲斐”があってちょうどいいくらいです」

にこやな表情でそう語るのは、セレクトショップ「ストラスブルゴ」などを手がけるリデア カンパニーリミテッドのPRマネージャー・杵淵元樹さん。小学校1年生の息子さんと1歳半の娘さんがいるため、年に2、3回の帰省は必ずクルマだという。「主人の実家に2泊して、3泊目は野尻湖畔のホテルで家族4人の時間を過ごすのが、我が家の定番コースですね」とは奥さまの弁だ。

そんな杵淵ファミリーの今回の帰省のお供は、メルセデスAMG GLA45 4MATICである。

お供は、メルセデスAMG GLA45 4MATIC

やんちゃ盛りの息子さんと小さな娘さんを乗せての移動はなかなか大変なのではと思いきや、ぐずったり、酔ったりすることは2人ともないそう。「娘はすぐに寝てくれてありがたい(笑)」とのことだが、元樹さんが海外出張へ行くと知ると、モデルを指定してお土産のミニカーをねだるほどクルマ好きの息子さんは、クルマに乗れること自体がうれしくて仕方ないのだという。

初めてのメルセデスAMGに「かっこいい!」が止まらない息子さんが、片道3時間の帰省ドライブをいつも以上に苦にしなかったのは、なにも不思議ではない。その様子をうれしそうに見つめる元樹さんもまた、息子さんに負けず劣らず楽しそうだ。「父親の影響でクルマが好きになった、子どもの頃の自分を見ているような気になります」

風薫る高原でリフレッシュ

奥さまが「娘が生まれる前から通っています」という、野尻湖畔のホテルで迎えた帰省ドライブの最終日。杵淵ファミリーはいつもより少し早起きをして、ほど近くにある黒姫高原に立ち寄ることにした。

長野にある実家に二泊し、三泊目は野尻湖畔の常宿で家族4人の時間を過ごす。
渋滞を避け、12時には長野を後にするが、今回は朝早起きして、野尻湖近くの黒姫高原で美しい自然を家族で楽しむことに。美しい自然に囲まれて静かな時間が過ごせるので、杵淵ファミリー定番の帰省時立ち寄りスポットだそう。

野尻湖からメルセデスAMG GLA45 4MATICを走らせる

野尻湖からクルマを走らせることおよそ10分、着いた先は「旬花咲く 黒姫高原」だ。標高2053mの黒姫山の山麓に広がるここは、名前のとおり季節の花を楽しめる施設で、子どもたちに大人気のストライダー公認パークやアスレチックといったアクティビティも充実。高原ならではの澄んだ空気の中、気持ちのいい時間を過ごすことができる。

旬花咲く 黒姫高原
旬花咲く 黒姫高原

50種類・約2000株ものダリアが見頃を迎える8月は、その名も「ダリア園」として展開。すでに咲き始めているコスモスは100万本という圧倒的なスケールを誇り、9月からは「コスモス園」へと名を変える。都心での生活では滅多に触れられないコスモス畑に、奥さまも娘さんもうっとり。

“花より団子”の男子チームは、BBQもできる施設内の「高原のレストラン 黒姫テラス・黒カフェ」で、大人気の高原ソフトクリームに舌鼓。淹れたてコーヒーと手作りケーキが自慢の「花カフェ」もあり、お腹が減ったときは食べて楽しむこともできるのだ。

「黒姫高原スノーパーク」のリフト

スキーシーズンとはまた違った景色を堪能できると聞き、隣接する「黒姫高原スノーパーク」のリフトにも乗車。噂どおりの眺めに「これは新鮮ですね」と元樹さんが言えば、息子さんは「すごいねー」と返す。係員の人がおすすめする下りリフトは、山並みと野尻湖を同時に望めるとあって必見だ。

Spot information

旬花咲く 黒姫高原
http://www.kurohime-kogen.jp

ADDRESS 長野県上水内郡信濃町大字野尻3807
TEL 026-255-3171
営業時間 9:00~17:00(~2017年10月9日)
10月9日までの営業期間中無休
駐車場 無料400台

 

家族のための、先進の安全装備

家族のための、先進の安全装備

杵淵ファミリーが早起きをしたのは、帰路の混雑を避けるため。さしもの元樹さんもやはり「渋滞は堪える」そうで、お昼には黒姫高原をあとにした。

サービスエリアで休憩

信濃町インターチェンジから上信越道に乗り、関越道を走って自宅へ向かう。道路の混み具合や子どもたちの様子を見ながら、休憩するサービスエリアを臨機応変にセレクト。道中のサービスエリアはどこも混んでいたため、車内で昼食をとることにした。「子どもたちもですが、親が疲れてしまっては安全運転ができませんから」。奥さまの言うとおりである。

恒例の帰省ドライブが、メルセデスAMGのおかげでいつも以上に充実したと笑顔の杵淵ファミリー。「パワーはもちろんですが、燃費の良さには驚かされました。それと、ディスタンスパイロット・ディストロニックをはじめとする安全装備! 家族で乗るクルマにはとてもありがたい存在なのを実感しました」と、元樹さんはいたく気に入ったようだった。

関連キーワード

RELATED

RECOMMENDED

LATEST