WHAT’S MB > Products > Cクラスに、待望のプラグインハイブリットモデルと「ローレウスエディション」が登場!

Cクラスに、待望のプラグインハイブリットモデルと「ローレウスエディション」が登場!

words: Masanori Yamada

セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレのボディバリエーションしかり、多彩なラインアップと充実した装備が魅力のCクラスに、新しい選択肢が加わった。

Cクラス(セダン)に2.0 ℓ直列4気筒ターボエンジン(211PS/350Nm)と電気モーター(122PS/440Nm)によって、320PS/700Nmのシステム出力を誇るC 350 e アバンギャルドが新規追加となる。ブースト機能をもつ電気モーターは、単体でも最高速度130km/h、最大航続距離約54km(欧州参考値)の走行を実現した高出力タイプで、それを支える高電圧リチウムイオンバッテリーを搭載しながら、300ℓという十分なトランク容量を確保しているのがポイント。HYBRID、E-MODE、E-SAVE、CHARGEの走行モード切り替えと、モーター走行の限界点や不要な加速操作をドライバーに知らせる「インテリジェントアクセルペダル」の採用もプラグインハイブリッドモデルならではだ。AIR BODY CONTROLサスペンションやAMGライン等をセットにしたレザーエクスクルーシブパッケージがオプションで用意されるC 350 e アバンギャルドは、パワフルかつ静粛性に優れるプラグインハイブリッドモデルの特長を存分に体感できる1台といえるだろう。

もうひとつの新しい選択肢は、洗練されたスポーティなエクステリアを演出するAMGスタイリングパッケージや、Qi規格対応のワイヤレスチャージング機能を標準装備した特別仕様車のローレウスエディションだ。360°カメラシステムや前席シートベンチレーター等がセットのレザーエクスクルーシブパッケージをオプションで用意するこちらは、C 200 ローレウスエディション、C 200 4MATIC ローレウスエディション、C 220 d ローレウスエディションの3モデルを、いずれもセダンとステーションワゴンにラインアップしている。

プラグインハイブリッドモデルのC 350 e アバンギャルドと特別仕様車のローレウスエディション、さらに、1.5 ℓ直列4気筒ターボエンジン(156PS/250Nm)を新たに搭載したC 180(セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレ)も加わり、“Cクラス ファミリー”の魅力はますます高まったといえるだろう。

関連キーワード

Share on:

RECOMMENDED

RECENT POST