WHAT’S MB > Products > 新型CLAとCLA シューティングブレーク、発表!

新型CLAとCLA シューティングブレーク、発表!

words: Masanori Yamada

スタイリッシュなデザインで人気を博すCLAとCLA シューティングブレークが待望のフルモデルチェンジ。洗練度の増した佇まいとスポーティな走りを手に入れた。

流麗なデザインで多くの人を魅了するCLAとCLA シューティングブレークの新型は、CLSに始まるメルセデス・ベンツのデザイン思想<Sensual Purity(官能的純粋)>よって、さらに研ぎ澄まされたものとなった。

外側が膨らんだヘッドライトの輪郭は先代CLAからの継続性を示すものだ。陰影によって豊かな表現を作り出す、限りなく曲面で構成されたボディはシンプルかつシャープにして、ワイドな印象が実寸以上の存在感を与えるものに。長く低いボンネット、高いウエストラインと流線型のルーフラインは、クーペ特有の色香をシューティングブレークにも与えている。

Cd(空気抵抗)値0.23(欧州仕様参考値)というクラストップレベルの空力性能を誇るボディは、トレッドが先代モデル比で前63㎜/後55㎜(ともに欧州仕様参考値)広がり、スポーティなドライビング特性を得るに至っている。室内幅も前席+35㎜/後席+44㎜(欧州仕様参考値)拡大し、快適な室内空間をもったクーペスタイルを実現しているのがポイントだ。もちろん、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」やSクラスと同等の安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」など、快適性や安全性を高める最新システムの採用も抜かりない。

パワートレインはCLA及びCLA シューティングブレークともに、2.0ℓ直列4気筒クリーンディーゼルエンジン(150PS/320N・m)+8G-DCT(8速デュアルクラッチトランスミッション)、2.0ℓ直列4気筒ターボエンジン(224PS/350N・m)+7G-DCT(7速デュアルクラッチトランスミッション)の2種類。後者は4MATICとの組み合わせになる。

ラインアップはCLAとCLAシューティングブレークそれぞれに、2.0リッター直列4気筒ターボのクリーンディーゼルエンジンに8G-DCT(8速デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせたCLA 200 dと、2.0リッター直列4気筒ターボエンジンに7G-DCT(7速デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせたCLA 250 4MATICが用意されている。 一層研ぎ澄まされた美しさと頼もしさを兼ね備えた新型CLAは、いよいよ日本を走り出す。

関連キーワード

Share on:

RECOMMENDED

RECENT POST