WHAT’S MB > Products > 写真で解説。車種別のキャディバッグ積載例

Golf with Mercedes

写真で解説。車種別のキャディバッグ積載例

photo : Toshitaka Horiba

クルマ選びの際にゴルファーが最重要視する、キャディバッグの積載量。積載例とあわせて、各車種別の積載量を写真とともに紹介する。

メルセデスは輸入車としては大変珍しく、キャディバッグの積載性を考慮し、荷室を設計している。近年では46インチのドライバーを日本からドイツへ送り、ヘッドにカバーをかぶせたうえで簡単に積載できるよう、開発段階から検証を行っている。

ゴルフを楽しむメルセデス・オーナーに、また、メルセデスを購入検討しているゴルファーたちに、車種別の積載例を参考にしてもらいたい。


Aクラス:最大積載量3セット

コンパクトなボディにメルセデス独自の先進機能を充実させ、スポーティな走りでアクティブなライフスタイルを実現するAクラス。ラゲッジスペース(VDA方式)は370〜1210ℓ。 キャディバッグの数や種類によって適宜後席を倒して積載する。

Aクラス

Mercedes Benz×Titleist キャディバッグは、1セットの場合はトランクスルーを使用。

2セット以上の場合は適宜シートを倒して積載する。

Aクラス

Mercedes Benz×Titleist スタンドバッグ カジュアルの場合は、1セット目を写真のように斜めに積み、2セット目をクロスさせるように上に積めば後席を倒さなくても2セットの積載が可能。

Aクラス

3セット以上は適宜シートを倒して積載する。

Aクラス

ABOUT CAR

A-Class

Aクラス
 
A-Class

対話型インフォテインメントシステム、最新の安全運転支援システムを搭載。モダンなデザインに先端技術を注ぎ込み、快適性を大きく向上させたスポーツコンパクトモデル。


Bクラス:最大積載量3セット

コンパクトなボディサイズでありながら広々としたラゲッジルームを備えるBクラス。大きく開くテールゲートやホイールハウスの張り出しの少ないフラットなラゲッジスペースが特徴で、後席左側シートを倒せば3セットのキャディバッグが余裕をもって積載できる。

このモデルには専用のラゲッジルーム用ゴルフバッグラックも用意されており(別売)、これを使えばリアシートを倒さずに2セットの積載が可能。

ABOUT CAR

B-Class

B-Class
 
B-Class

どんなスタイルにも似合う、プレミアムコンパクト。そのすべてにあふれる上質は、もっと心地よいあなたの今日のために。


CLAクーペ:最大積載量3セット

新世代メルセデスの先鋭、CLAクーペ。スポーティかつエレガントなインテリアのイメージを裏切る広いトランクルームを備え、470ℓ(VDA方式)に及ぶ容量を確保している。キャディバッグの最大積載量は3セット。後席右側シートを倒し縦に1セットめ(白)を積載し、手前に2セットめ(赤)を横に積載。その上に斜めにクロスさせるように3セットめ(黒)を積載する。

リアシートを倒さない場合は1セット積載可能。

ABOUT CAR

CLA Coupé

すべての心を動かす、美しい先鋭。道行く人の視線を奪う、ひときわ輝く流麗なフォルムに、高度な機能性と先進の知的安全装備を備えている。


CLAシューティングブレーク:最大積載量3セット

スポーティネスと居住性の高さを兼ね備えたCLAシューティングブレーク。フレキシブルに使える広いトランクルームは、通常時の495ℓから1354ℓ(VDA方式)まで変化する大容量を誇る。後席右側シートを倒し、縦に1セットめ(白)を積載、2セットめ(赤)と3セットめ(黒)を斜めにクロスさせるように積載すると、3セットの積載が可能。

リアシートを倒さない場合は、斜めにクロスさせるように積載し、2セットの積載が可能。

ABOUT CAR

CLA Shooting Brake

革新のスタイルがかつてない歓喜と熱狂を創り出す、新世代メルセデスの先鋭。


GLA:最大積載量3セット

2017年4月に発表されたGLAは、コンパクトSUVにカテゴライズされるモデルだ。2:1分割可倒式のリアシートを備え、トランク容量は421〜1235ℓ(VDA方式)。後席左側シートを倒せば縦に3セットのキャディバッグが積載できる。

リアシートを倒さない場合、ゴルフバッグは1セット積載可能。

ABOUT CAR

GLA

GLA
 
GLA

家族や仲間とどこへでも気軽に行ける快適な走行性能、どんなライフスタイルにも合う多彩な使い勝手、そして様々なシーンに溶け込む美しいデザイン。


Cクラス セダン:最大積載量3セット

2018年7月、目に見えない部分まで、およそ6500か所を更新。トランクルームの幅が拡大され、47インチ対応バッグを真横に積載可能となり、残ったスペースを有効活用しやすく利便性が向上した。トランクスペース(VDA方式)はC 180 アバンギャルドとC 220 d アバンギャルドが455ℓ、C 200 アバンギャルドとC 200 4MATIC アバンギャルド、Mercedes-AMG C 43 4MATIC、Mercedes-AMG C 63、Mercedes-AMG C 63 Sが435ℓ。

1セット目を写真のように斜めに積み、2セット目を手前に積み、3セット目をその上にクロスさせて積む。

Cクラス

後席右側及び中央を倒して3セット積載した場合。

Cクラス

ABOUT CAR

C-Class Sedan

世界最高峰の安全性が、大きな安心であなたを包むインテリジェントドライブ。さらなる洗練とクオリティによって、精緻を極めたダイナミズムをまとうエクステリアと、スポーティなドライビングを心から愉しむための心地よさが溢れるインテリア。目に見えない部分まで、およそ6,500ヶ所を更新。


Cクラス ステーションワゴン:最大積載量3セット

ゆったりとした車内空間と快適なドライブフィールでストレスフリーなゴルフをサポートするCクラス ステーションワゴン。トランクスペース(VDA方式)はC 180 ステーションワゴン アバンギャルドとC 220 d ステーションワゴン アバンギャルド、Mercedes-AMG C 43 4MATIC ステーションワゴン、Mercedes-AMG C 63 ステーションワゴン、Mercedes-AMG C 63 S ステーションワゴンが460〜1480ℓ、C 200 ステーションワゴン アバンギャルドとC 200 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルドが440〜1460ℓ。

1セット目を写真のように斜めに積み、2セット目を手前に積み、3セット目をその上にクロスさせて積む。

Cクラスステーションワゴン

後席右側及び中央を倒して3セット積載した場合。

Cクラスステーションワゴン

ABOUT CAR

C-Class Stationwagon

実用性も追求したいあなたのためのステーションワゴン。


Cクラス クーペ:最大積載量3セット

基本的なデザインを継承しながら、より力強く個性的な造形をフロントエクステリアにプラス。さらなる進化を遂げた、クーペならではのエレガントでスポーティなスタイリング。トランクスペース(VDA方式)はC 180 クーペ スポーツが380ℓ、Mercedes-AMG C 43 4MATIC クーペが400ℓ、Mercedes-AMG C 63 クーペ、Mercedes-AMG C 63 S クーペが355ℓ。

1セット目をトランク手前に横置きに積載、2セット目をフロント部分を重ねながら左手前に積載。

Cクラス クーペ

後席左側及び中央を倒して2セットを縦に積載し、手前に1セットを積載すると3セットの積載が可能。

Cクラス クーペ

ABOUT CAR

C-Class Coupé

エレガントでスポーティなスタイリングのクーペ。


Eクラス セダン:最大積載量3セット

トランクルームが広く、後部座席を倒さなくても3セットのキャディバッグが積載できる。1セットめ(白)を横にして手前に積載し、2セットめ(赤)はヘッド部分を手前にして斜めに積載、3セットめ(黒)を上に重ねて積載。ただしBurmester®サラウンドサウンドシステム装着車は、長尺のシャフトを抜かないとキャディバッグを真横に積載できない場合がある。

ABOUT CAR

E-Class Sedan

最先端技術と上質な乗り味が融合したコンフォートセダン。メルセデスが究極のゴールとして掲げるアクシデントフリーと自動運転の実現に近づく大きな前進を果たしたモデル。


Eクラス ステーションワゴン:最大積載量4セット

Eクラス ステーションワゴンは最大1820ℓ(VDA方式)もの容量を実現。4セットのキャディバッグが積載でき、ゴルファーからの支持も高いモデルだ。4セット積載する場合は、まず、1セットめと2セットめのヘッド部分を重ねて斜めに積載する。続いて3セットめと4セットめをを横にして上に積載する。

3セットまでならラゲッジルームカバーも使用可能。

ABOUT CAR

E-Class Stationwagon

スタイリッシュなフォルムと実用性が高度に調和する、コンフォートステーションワゴン。深いリラクゼーションをもたらす、洗練と快適に満ちた移動空間。


Eクラス オールテレイン:最大積載量4セット

メルセデス初のクロスオーバーモデル。ラゲッジルームの最大容量はEクラス ステーションワゴンと同じ最大1820ℓ(VDA方式)。キャディバッグの最大積載量及び積載方法もEクラスと同様。4セット積載する場合は、まず、1セットめと2セットめのヘッド部分を重ねて斜めに積載し、続いて3セットめと4セットめを横にして上に積載する。

E 220 d 4MATIC All-Terrain

ABOUT CAR

E 220 d 4MATIC All-Terrain

雪道や悪路も余裕で駆ける優れた走行性能。それは、かつてない洗練の野性をまとう、新ジャンルのメルセデス。


Eクラス カブリオレ:最大積載量1セット

オープンドライブをスタイリッシュに楽しむための先進装備が充実したEクラス カブリオレ。美しい四季を全身で感じながら、ゴルフに出かけてみてはいかがだろうか。キャディバッグの最大積載量は1セット。キャディバッグを積載した状態でソフトトップの開閉が可能だ。

E-Class Cabriolet

ABOUT CAR

E-Class Cabriolet

雪道や悪路も余裕で駆ける優れた走行性能。それは、かつてない洗練の野性をまとう、新ジャンルのメルセデス。


Sクラス:最大積載量3セット

2017年8月に新型が発表されたラグジュアリー・セダン、Sクラス。2018年3月には直列6気筒エンジンに48V電装システムを組み合わせた新世代パワートレインを搭載したS 450が新たに追加となり、さらなる話題を集めている。Sクラスのトランクルームは、3セットのキャディバッグを積載することが可能。通常のキャディバッグの場合、1セットめ(赤)を横にして手前に積載し、2セットめ(白)を斜めにして奥に、その上に3セットめ(黒)を斜めに積載する。なお、ファーストクラスパッケージ装着時(S 550 e longを除く)及びBurmester®ハイエンド3Dサラウンドシステム装着時の最大積載量は1セットとなる。

S-Class

メルセデス・マイバッハ S 560の場合も同様に、キャディバッグは3セット積載可能。

S-Class

なお、2018年6月には、メルセデス・ベンツ コレクションとタイトリストとのコラボレーション・キャディバッグに、CORDURA®を採用した新モデルが登場。このキャディバッグはSクラスに4セット積載可能。1セットめはゴルフヘッド部分を左に、2セットめはヘッドを右にして横に積載。3セットめはヘッドを左前にして斜めに、4セット目はヘッドを左奥にして斜めに積載する。Meredes-Benz×Titleist スタンドバッグ カジュアル¥42,000

S-Class

ABOUT CAR

S-Class Sedan

常に最高峰であり続けるために、自らを革新し続けるSクラス。そこにあるのは、自動車の行く先の道標となる、揺るぎない未来。


CLS:最大積載量2セット

新しいコンセプトを採用したデザインと最新のテクノロジーを搭載した先鋭の4ドアクーペ。トランクスペースは、CLS 220 d Sports が520ℓ、CLS 450 4MATIC Sports(ISG搭載モデル)、Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC+(ISG搭載モデル)はVDA方式で490ℓである。 後席を倒さなくてもMercedes Benz×Titleist キャディバッグは2セット、Mercedes Benz×Titleist スタンドバッグ カジュアルは3セット積載できる。

Mercedes Benz×Titleist キャディバッグは、1セット目を写真のように斜めに積み、2セット目も同様に手前に積む。

CLS

Mercedes Benz×Titleist スタンドバッグ カジュアルの場合は、1セット目を写真のように斜めに積み、2セット目も同様に手前に積み、3セット目をその上にクロスさせて積む。

CLS

ABOUT CAR

CLS

CLS
 
CLS

最新デザインコンセプトを採用し、さらに美しさを追求した4ドアクーペ。


GLC:最大積載量3セット

後席バックレストを全て倒せばラゲッジルームの容量は最大1600ℓ(VDA方式。GLC 350 e 4MATIC Sportsは1445ℓ)。後席には40:20:40の分割可倒方式を採用し、様々なアレンジが快適に行えるのも大きな特徴。キャディバッグの最大積載量は3セット。1セットめ(赤)を横にして手前に積載し、その上に斜めに2セットめ(白)を積載、3セットめ(黒)をその上に横にして積載する。

GLC

ABOUT CAR

GLC

GLC
 
GLC

Cクラス譲りの洗練を極めたダイナミズムをまとうエクステリア、上質な心地よさで乗る人を包む広いインテリア。メルセデス最先端の知的安全装備。先進性と走行性能を継承する新世代のSUV。


GLC Coupé:最大積載量3セット

フラットなフロアと広い開口部で、積みおろしがしやすく使いやすいラゲッジルームを実現したGLC。取り外したラゲッジルームカバーはアンダーフロアスペースに収納できる(350eを除く)。1セットめ(黒)は横にして手前に積載、2セットめ(白)を上に斜めにして積載、3セットめ(赤)を上に横に積載する。350eにはバッテリーが積載されていますが、フロア上部のスペースは他GLCクーペモデルと同じ広さとなります。

ABOUT CAR

GLC Coupé

道行く人の視線を奪う流麗なスタイルとともに、すべての道を俊敏に走り抜ける。


GLE:最大積載量4セット

通常時でも690ℓの容量を実現する広大なラゲッジルームを有するGLEは、後席にバックレストを左右2:1で前方に倒せる分割可倒式シートを装備。ラゲッジ容量を最大2010ℓ(VDA方式)まで広げられる。キャディバッグは4セット積載しても余裕あり。1セットめを横にして手前に積載し、2セットめはヘッド部が左側手前のくぼみに入るよう斜めに積載する。3セットめを奥に重ね、4セットめは手前に積載。3セット積んだ状態であれば、スポーツバッグなども積載可能。EASY-PACKラゲッジルームカバーを使用することもできる。

GLE

ABOUT CAR

GLE

GLE
 
GLE

洗練を極めた力強いダイナミズムが、見る者の心を奪うスタイリング。圧倒的な心地よさに包まれる、隅々にまで贅を尽くしたモダンなインテリア。プレミアムSUVの、かつてない最先端へ。


GLEクーペ:最大積載量3セット

キャディバッグを3セット積載しても余裕があり、さらにスポーツバッグなども積載できる広々としたラゲッジルーム。1セットめ(白)と2セットめを横に積載し、3セットめを上に重ねて積載する。また、EASY-PACKラゲッジカバーを使用することができる。

ABOUT CAR

GLE Coupé

かつてないほど鮮烈なスタイルと走りが心震わせる、SUVクーペ。クーペとしてのスタイリッシュなフォルムと走行性能に、SUVらしい存在感と利便性を加えたモデル。


GLS:最大積載量2セット

ゆとりある7名乗車が可能な3列シートを配置、2列めと3列めの分割可倒式シートを倒せば最大積載容量2300ℓ(VDA方式)にも及ぶ広大なフラットスペースが確保できる。3列めシートを倒さない場合は、1セットめを横に積載、2セットめを上に重ねて積載。

3列めシートを倒せば、4セットを重ねることなく積載可能(トランクスルー不使用)。

ABOUT CAR

GLS

GLS
 
GLS

メルセデスの思想と情熱が作り上げた、ラグジュアリーSUVの最高峰。美しいダイナミズムの中に揺るぎない自信がみなぎるモダンなエクステリアに、パフォーマンスと環境性能を両立する4.7リッターV型8気筒直噴ツインターボBlue DIRECTエンジンを搭載。


Gクラス:最大積載量4セット

フラットでスクエアな使いやすいラゲッジルームを実現したGクラス。後席にはバックレストを左右2:1で前方に倒せる分割可倒式シートを採用。さらに後席の座面を前方に跳ね上げれば、最大ラゲッジ容量2250ℓ(VDA方式)という余裕あふれるスペースが出現する。4セットのキャディバッグが積載可能だ。1セットめを横にして手前に積載し、2セットめ、3セットめを横にして奥に積載。4セットめを上に積載する。

G-Class

ABOUT CAR

G-Class

G-Class
 
G-Class

強烈な個性と圧倒的なオフロード性能をもつ、最高級クロスカントリービークル。


Vクラス:最大積載量4セット

長距離ドライブでも高い快適性を実現する2列め独立シート、3列めベンチシートともに、スライド、バックレストの前倒し、タンブル、脱着が可能。乗車人数や荷物の量に合わせて多彩にアレンジできるVクラス。ボディサイズに関係なく、ゴルフバッグ4セットを縦に積載することができる。アクセサリに設定されているラゲッジバックネットを使うことで、より安定した積載が可能に。
※ドライバーの長さによっては、縦に積載することができません。

ABOUT CAR

V-Class

V-Class
 
V-Class

広大な室内空間に機能性を極めたモダンで上質なインテリア。揺るぎない自身とダイナミズムがあふれるスタイリング。


Mercedes-AMG GT 4ドアクーペ:最大積載量2セット

「実用性」とハイパフォーマンスを両立。5人乗りという利便性の高さはもちろんのこと、大きなテールゲートを備えたラゲッジスペースは最大で1324 ℓと、街中からサーキットまで走る道を選ばない、“スーパースポーツクーペ”ならではの頼もしさだ。

1セット目を横置きに積載、2セット目をフロント部分を重ねながら右手前に積載。

Mercedes-AMG GT 4ドアクーペ

ABOUT CAR

Mercedes-AMG GT 4-Door Coupé

日常を、究極へ。AMG独自開発初のGT 4ドアクーペ。


smart forfour:最大積載量2セット

コンパクトな全長にもかかわらず、ラゲッジ容量は通常時でも185ℓを確保。左右50:50の分割可倒式後席バックレストをフォールダウンすれば、730ℓの容量と1053×996mmのフロアが広がるsmart forfour。後席左側シートを倒すと、2セットのキャディバッグが積載できる。

ABOUT CAR

smart forfour

超コンパクトなボディの中に驚くほどのスペースユーティリティ、どんな道もスイスイ走れる抜群の取り回しやすさ、さらにメルセデスの最先端技術を駆使した高度な安全性能を兼ね備えたsmartの4人乗りモデル。

 

※掲載は一部のモデル例であり、メルセデス・ベンツ コレクションのキャディバッグ (47インチ対応/※Sクラス <カブリオレ除く>は46インチ対応)による実車検証での最大積載量です。

※積載例は実車検証による積載例ですが、お客様のゴルフバッグの大きさ、形状、シートアレンジ、その他の条件により、積載可能なゴルフバッグの数は代わる場合があります。実際の積載に関しては、お客様の条件下で検証することをおすすめいたします。

 

タイトリスト キャディバッグ

使用商品:タイトリスト キャディバッグ(ホワイト/レッド/ブラック

各45,360(税込

商品カタログはこちら(70ページをご参照ください
販売店検索はこちら
 

 

Share on:

RELATED

RECOMMENDED

RECENT POST