WHAT’S MB > Products > 【Mercedes-AMG】GT 4ドアクーペ、「実用性」と「ハイパフォーマンス」の両立

【Mercedes-AMG】GT 4ドアクーペ、「実用性」と「ハイパフォーマンス」の両立

過去にも二度、独自開発モデルを世に送り出してきたMercedes-AMG。どちらもオリジナリティに満ちたスポーツカーとして高く評価されるその系譜に、Mercedes-AMG GT 4ドアクーペが新しく加わった。

4.0ℓV8ツインターボエンジンのGT 63 S 4MATIC+、3.0ℓ直列6気筒直噴ターボ+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)のGT 53 4MATIC+とGT 43 4MATIC+がラインアップされるメルセデスAMG GT 4ドアクーペ。

alt:Mercedes-AMG GT 4ドアクーペ
alt:Mercedes-AMG GT 4ドアクーペ

いちばんの特徴はといえば、Mercedes-AMG社 代表取締役社長トビアス・ムアースが「AMGブランドのアイデンティティである“究極のハイパフォーマンス”を独自の手法で体現する、サーキットでのダイナミズムと普段使いの実用性を最高レベルで融合させた」と語るとおり、スポーツカーと高級セダンの美点を兼ね備えている点に集約されるだろう。

Mercedes-AMG GT 4ドアクーペ

2ドアのGT同様にAMGオリジナルグリルを与えられながらも印象の異なる、メルセデス・ベンツのデザインフィロソフィー<Sensual Purity=官能的純粋>に則ったファストバックの流麗なフォルムは、まさしく4ドアクーペそのもの。

Mercedes-AMG GT 4ドアクーペ リアビュー

ボディサイズに比例したゆとりある快適な車内空間や4枚のドア、そして5人乗りという利便性の高さはもちろんのこと、大きなテールゲートを備えたラゲッジスペースは最大で1324ℓもの大容量を確保している。

ラゲッジスペース

Sクラスに準じる最新のインテリジェントドライブ(運転支援システム)、テレマティクスのMercedes me connectを備えている。

コンソールパネル
コンソールパネル

モータースポーツのフィードバックやシミュレーション手法を駆使した開発を行い、GT 63 Sの4.0ℓV8ツインターボエンジンが発生するAMGファミリー最強の639PS/900N・mという圧倒的なスペックに相応しい高剛性と同時に軽量化も達成。

4.0ℓV8ツインターボエンジン

AMGスピードシフトMCT、AMGライドコントロール+エアサスペンション、AMG 4MATIC+、電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフのほか、日常での取り回しにも効果的なAMGリア・アクスルステアリングといった最新技術をもれなく備えることで、0-100㎞/h加速3.2秒、最高時速315㎞/hのパフォーマンスを実現したGT 63 Sの存在は、メルセデスAMG GT 4ドアクーペのキャラクターを端的に象徴するものといえるだろう。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ
メルセデスAMG GT 4ドアクーペ
メルセデスAMG GT 4ドアクーペ

すべてがメルセデスAMGの手によって開発された、新しい価値を提示するメルセデスAMG GT 4ドアクーペの登場。それは、街中からサーキットまで走る道を選ばない、“スーパースポーツクーペ”の誕生そのものである。

詳細はこちら

また、メルセデスAMG GT 4ドアクーペと同時に、新型メルセデス AMG GTも発表された。

メルセデス AMG GT
メルセデス AMG GT

高精細12.3インチのコックピットディスプレイと10.25インチのマルチファンクションディスプレイをセンターコンソールに標準装備し、Sクラスと同等のテレマティクスを採用。最新のAMGデザインを纏い、アロー形状のポジショニングライト&ウインカーに3つのリフレクターを備えた新デザインのLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用しさらにスポーティさを増したエクステリアは、AMGのレーシングスピリットを余すところなく表現している。

詳細はこちら

関連キーワード

Share on:

RECOMMENDED

RECENT POST