Drive > Travel > 「DEEN」池森秀一、Mercedes-AMG GLE 63 Sで行く上質な箱根蕎麦の旅

SUNDAY HERO -#5【前編】

「DEEN」池森秀一、Mercedes-AMG GLE 63 Sで行く上質な箱根蕎麦の旅

photo: Ryo Kenjo
words: Ryo Ishii
direction: Hajime Sasa(Roaster),
Arata Kobayashi(Roaster)

1990年代に一大ブームを巻き起こし、『このまま君だけを奪い去りたい』『瞳そらさないで』など数々のヒット曲で知られるロックバンド「DEEN」。そのヴォーカルである池森秀一さんには、世間に良く知られたもうひとつの顔がある。それは、大の“蕎麦好き”であること。15年に渡ってほぼ毎日食べ続けた蕎麦は5,000食はくだらない。そんな彼にMercedes-AMG GLE 63 S 4MATIC+を運転してもらい、一路、箱根へ。訪れたかったという蕎麦の名店を目指す。

「DEEN」池森秀一【後編】はこちら

メルセデスは「ジェントルな大人」というイメージ

池森秀一/Shuichi Ikemori

「僕はね、蕎麦好きである前にクルマ好きなんですよ。スーパーカー世代ど真ん中だから。今日は大好きなクルマに乗って大好きな蕎麦を食べに行くなんて、最高の1日ですね!」。開口一番、ワクワクした気持ちをストレートに表現してくれた池森秀一さん。本人も言うようにクルマ遍歴も相当なもので、1993年のデビューシングル『このまま君だけを奪い去りたい』のミリオンヒットを記念して所属事務所の社長から贈られた1台を皮切りに、これまで主に外国産のクルマを15台近く乗り継いできたという。

池森秀一/Shuichi Ikemori
池森秀一/Shuichi Ikemori

「これまで、常に2ドアのスポーツカーとSUVの2台を同時に所有して使い分けてきたのですが、その中にはメルセデスもあって。Aクラス、Mクラス、Gクラスと乗ってきました。メルセデスの印象は、すごくジェントルな大人って感じだったのですが、このGLE 63Sは
全長4,955mmで全幅2,020mmとかなりサイズは大きいですが、AMGならではのスポーティな走りが素晴らしいですよね。4.0リットルV8ツインターボのエンジンを積んでいて、見た目こそジェントルだけど、加速力とレスポンスがこれまで乗ってきたクルマとは全くの別物。アクセルを踏み込んだら飛ぶように走ってびっくり(笑)。音楽で例えるとかなり“ロック”していましたね。箱根に行く途中に海沿いのバイパスをドライブしてきたけど、運転がとても楽しかったです」

箱根の空を楽しめる後部座席は、贅沢なスイートルーム

池森秀一/Shuichi Ikemori

池森さんは、自身のクルマであっても後部座席に乗ることも多い。仕事での移動の際にはマネージャーがハンドルを握るからだ。「クルマはリラックスできる空間であってほしいんです。このGLE 63 Sは乗り込むところから“おもてなし感”がすごく感じられたのが好印象だったのですが、何より気に入ったのが『パノラミックスライディングルーフ』です。 僕、サンルーフの非日常感が大好きで、すぐ開けたくなっちゃう人なんですよ(笑)。スケールが大きくて、箱根の空と緑が大迫力で楽しめました」

さらに池森さんを驚かせたのが、実際に走行した際の乗り心地だ。「箱根の山道を後ろに乗って体験したのですがAMG 4MATIC +のおかげか走行感がすごく滑らかで、ワインディングロードを走っていても、車内ではしっかりくつろぐことができました。なんだか、超VIPになったような気分。それでいて運転すると力強いヤンチャさも持ち合わせているから、すごく楽しいクルマですよね」

DEENにも共通する、メルセデスの随所に感じる清潔感

「最近は都内でもツアー先の地方でも、蕎麦はスタッフと一緒に食べに行くことが多いから、実はこういう蕎麦旅ってほとんどできていなかったんですよ」と池森さん。実際にこうして美味しい蕎麦を目指して箱根までドライブをしてきて、どうだったのだろうか。「いつもとは違うワクワク感がありますよね。それがメルセデスのように乗った瞬間から気分を高めてくれるクルマだと、道中のドライブも特別なものになります」

池森秀一/Shuichi Ikemori

都内から箱根湯本、そして国道138号線を一気に駆け上がってきた池森さん。短い時間ではあったが、メルセデスのどんなところに共感したか、最後に訊いてみた。

「清潔感ですね。今回乗ったGLE 63 S は、大人の上質さと走りのヤンチャさを兼ね備えたクルマでしたけど、随所にメルセデスらしい清潔感を感じたんです。それはつまり、クリーンで好感が持てる、上品さとでも言うのかな。実はDEENもデビュー前から清潔感を大切にと所属事務所のスタッフから言われていたんですけど、それを思い出しましたね」

自らハンドルを握り運転する楽しさはもちろん、後部座席ならではの上質な空間と乗り心地、どちらも余すことなく堪能してもらったここまでのドライブパート。クルマ好きな池森さんにとって、冥利に尽きる時間であったに違いない。後編では、池森さんと共に2軒の蕎麦の名店を訪れ、蕎麦好きになった経緯や楽しみ方などについて訊いていく。

「DEEN」池森秀一【後編】はこちら

PROFILE

池森秀一/Shuichi Ikemori

池森秀一/Shuichi Ikemori

1969年、北海道生まれ。ロックバンド「DEEN」のヴォーカル。1993年に『このまま君だけを奪い去りたい』でデビュー。その後もオリコンNo.1を獲得しミリオンヒットとなった『瞳そらさないで』や『Memories』『翼を広げて』『永遠をあずけてくれ』など数々のヒット曲を生み出し、現在までのCDの総セールスは1,500万枚を超える。15年ほど前から蕎麦を毎日食べる生活を始め、現在では乾麺のプロデュースのほか、YouTubeチャンネル「信州戸隠 池森そば 赤坂店」を開設。無類の蕎麦好きとしても知られている。2021年7月7日、DEEN流のシティポップを詰め込んだ34th Album『TWILIGHT IN CITY ~for lovers only~』をリリース。

DEEN Official Website https://www.deen.gr.jp/

池森秀一/Shuichi Ikemori

34th Album「TWILIGHT IN CITY ~for lovers only~」
https://www.deen.gr.jp/disc/detail.html?info=145&category=8&p=0

ABOUT CAR

Mercedes-AMG GLE 63 S 4MATIC+

上質感溢れる洗練された内外装にSUVらしい力強さとスポーティさを備え、オンロード、オフロード共に優れた走破性を発揮するミドルサイズSUV、GLEのトップパフォーマンスモデル。AMG4リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジン「M177」型+ISGを搭載し、最高出力612ps・最大トルク850N・mを発揮。ボディの大きさを全く感じさせないポテンシャルを誇る。ドライバーの安全運転を支援するサポートシステム、レーダーセーフティパッケージなど、先進技術も搭載。

関連キーワード

Share on:

RELATED

Drive

Drive

Drive

RECENT POST