Drive > Travel > 旭川を遊び尽くす、星野リゾート OMO7 旭川×メルセデスのコラボがスタート

旭川を遊び尽くす、星野リゾート OMO7 旭川×メルセデスのコラボがスタート

photo: Toshitaka Horiba
words: Masanori Yamada

星野リゾート OMO7 旭川にて、ゲストが滞在中最大24時間までメルセデス・ベンツ GLAを自由に利用できる新しいサービスがスタート。2019年1月25日(金)から。

ニッポンのいろんな土地を、もっと楽しんでもらうために、メルセデス・ベンツと星野リゾートは、この冬、新しい活動を始める。その舞台となるのは、軽井沢の星のや軽井沢、そしてこれからご紹介する北海道旭川市の星野リゾート OMO7 旭川である。

星野リゾート OMO7 旭川

旭川グランドホテルをベースにリニューアルオープンした星野リゾート OMO7 旭川は、“旅のテンションを上げる都市観光ホテル”をコンセプトにした、地域密着スタイルがなによりの特徴。観光拠点のベースとして、さまざまな仕掛けが施されており、初めて訪れる人もリピーターも満足いく旅を約束してくれる。

メルセデス・ベンツ GLA 220 4MATIC

OMO7 旭川に用意される車両は、スタッドレスタイヤとルーフキャリアを装着したメルセデス・ベンツ GLA 220 4MATIC。

メルセデス・ベンツ GLA 220 4MATIC

4輪駆動の安定した走りは、パウダースノーが降り積もるスキー場のアクセスはもちろん、まばゆいばかりの白銀の世界が広がる美瑛や富良野へのドライブ、市内観光など、自由な移動をかなえてくれるものだ。

メルセデス・ベンツ GLA 220 4MATIC

東西南北の交通の要衝として北海道の人・食・物といったさまざまなファクターが交叉する、魅了あふれる旭川。街の美点の発信を重視している星野リゾート OMO7 旭川ではローカル感満点、思い出深い“街アテンド”をしてくれるご近所ガイドOMOレンジャーを筆頭に、ゲストへの充実したおもてなしがそこかしこに。キリリとした寒さもまた、この時季ならではの旅情を大いに掻き立ててくれることだろう。

GLA

個性あふれるインテリア、目にも楽しい朝食、癒やしの空間。まずはホテルの基本施設を見ていこう。

DANRAN Room
OMOのコンセプトに沿ってモダンにリノベートされた「DANRAN Room」は、コンパクトながら気の利いた機能性が魅力。靴を脱いで寛げる部屋すべてツインベッドだが、シングルユースも当然OK。
DANRAN Room
ガーデンルーム
北海道ガーデン街道に属する上野ファームガーデナーの上野砂由紀さん監修の部屋は隅々までエレガント。庭園をコンセプトにした「ガーデンルーム」は「ハーブ」と「ローズ」の2タイプ。
ガーデンルーム
インペリアルスイート
主寝室、リビング、ダイニングからなる「インペリアルスイート」は150㎡もの広さを誇る。調度品はもちろん、部屋全体のしつらえは瀟洒そのもの。
インペリアルスイート
「OMOカフェ&バル」の朝食
ビュッフェスタイルで提供される「OMOカフェ&バル」の朝食には、種類豊富な和洋のメニューがずらり。山わさび(西洋わさび)といただくご飯、焼きたてのワッフルは必食。
「OMOカフェ&バル」の朝食
「OMOカフェ&バル」の朝食
朝食でいただける、バラエティの豊富さでゲストの人気を集めるスイーツパン。一度にたくさんの種類を食べられるようにと、あえて小さめのサイズに。パンを木に掛けた“パンツリー”の演出もユニークだ。
「OMOカフェ&バル」の朝食
スパ プラトー
地下1階の「スパ プラトー」は、エステやマッサージなど豊富なスパメニューが揃う広々とした温浴施設。ドライとミストがあるサウナは、サウナマニアからの評価も高い。※宿泊者・大人1000円/人
スパ プラトー

星野リゾート OMO7 旭川は、足を踏み入れた瞬間から北海道の風土とこの地に伝わる新旧カルチャーを体感することができる。

─────

白樺を用いたスタイリッシュなオブジェ
「OMOベース」の入り口に鎮座するのは、北海道を象徴する白樺を用いたスタイリッシュなオブジェ。季節やイベントによって変化するデコレーションとともに、旅人を出迎えてくれる。
白樺を用いたスタイリッシュなオブジェ
ブックトンネル
グルメガイドやスポット紹介、写真集、北海道ゆかりの作家の小説など、様々なジャンルの本が約350冊揃うブックトンネル。旅のプランを練るもよし、ゆったりと読書を楽しむもよし。
ブックトンネル
ランプシェード
地元を代表するグルメといえば旭川ラーメン。その空気感とサステナビリティの表現として、フリーラウンジのランプシェードには実際に使われていたラーメン丼が再利用されている。
ランプシェード
ご近所マップ
OMOベースの真ん中に置かれた「ご近所マップ」。デジタルの情報が溢れる現代にあって、手書きでアップデートされる情報にはどこか温もりが感じられる。
ご近所マップ

星野リゾート OMO7 旭川には、ご近所ガイドOMOレンジャーという街の案内ガイドが常駐。地元グルメの名店へと案内してくれるOMO BLUE、美味しいお酒を教えてれるOMO REDなど5色のOMOレンジャーがディープな街探索へと案内してくれる。尚、OMO GREENは予約不要、料金無料。その他のOMOレンジャーは事前予約が必要だが、無料のOMO GREENは、空きがあれば当日参加も可能となる。※有料は全色予約制

─────

OMO YELLOW
地元への愛情とディープな情報には事欠かないのは、「OMOレンジャー」のほとんどが旭川育ちゆえ。観光ガイドでは知れない“ネタ”も多く、コミュニケーションが楽しい。OMO YELLOWが案内するのは、飲食街の「こみち」をめぐるグルメツアー。
OMO YELLOW
よしや
OMO YELLOWに連れて行っていただいたのは、地元名物の新子焼きとチャップが見逃せない昭和2年創業の旭川を代表する老舗「よしや」。暖簾をくぐるのに少し勇気が必要な店も、OMOレンジャーと一緒ならひるむことはない。
よしや
佐藤サワー
氷の代わりに凍らせた新鮮な野菜やフルーツを使うサワーで人気の「佐藤サワー」。つくねとキャベツサラダがセットになったお得なメニュー(OMOレンジャーセット)がいただけるのは、OMOレンジャーと一緒に訪れたゲストだけの特典だ。
佐藤サワー
OMO GREEN
街中の雑貨屋やカフェへと案内してくれるのはOMO GREEN。予約不要、当日参加可能なので、ノープランの旅でも安心。新しい発見と出会いのきっかけを作ってくれることだろう。
OMO GREEN
ギャラリープルプル
名作「あらしのよるに」で知られる旭川の絵本作家、あべ弘士さんが理事長を務めるNPO法人かわうそ倶楽部が運営する「ギャラリープルプル」。ここでしか買えないオリジナルグッズも楽しい。
ギャラリープルプル
Japacheese Asahikawa
素材にこだわり普段の食事に合うチーズを作り、販売している「Japacheese Asahikawa」。様々な種類のチーズを取り揃えていて、お土産につい買い込んでしまいそう。
Japacheese Asahikawa
tocotoco.
おしゃれな店主がひとつひとつ手作りし、オーダーも受け付けているという革製品のお店「tocotoco.」。アクセサリーからバッグまで幅広いラインナップと、温かみのあるデザインが魅力。
tocotoco.

─────

◉概要・利用方法

実施開始日:2019年1月25日(金)
実施施設と利用可能車両:星のや軽井沢/メルセデス・ベンツ GLC 220 d 4MATIC Sports、星野リゾート OMO7 旭川/メルセデス・ベンツ GLA 220 4MATIC

対象の施設をご予約いただいた後、予約完了メールに記載のURLにアクセスし、必要事項を記入の上お申込みください。返信されるご利用完了メールのプリントアウトもしくはキャプチャ画像をご持参の上、フロントにてメールを提示、車両のキーを受け取り、ご利用ください。

※お申込みにあたってはMercedes-Benz Rentへの会員登録が必要です。
※免許証のご提示、および利用規約へのご承諾サインをいただきます。

詳細はこちら

ABOUT CAR

GLA 220 4MATIC

GLA 220 4MATIC
 
GLA

家族や仲間とどこへでも気軽に行ける快適な走行性能、どんなライフスタイルにも合う多彩な使い勝手、そして様々なシーンに溶け込む美しいデザイン。

関連キーワード

Share on:

RELATED

RECOMMENDED

RECENT POST