C-ClassroomイベントVol.3 東京モーターショー2015 メルセデス・ベンツ スタンドツアー REPORT 2015年11月5日(木) 東京ビッグサイト

11/5(木)、C-Classroomのリアルイベント第3弾として、「第44回 東京モーターショー2015」内メルセデス・ベンツ スタンドを、河口まなぶさんにナビゲートいただくスタンドツアーを実施しました。
「Mercedes-AMG GT S」や「Mercedes-AMG C 63 S」など、実際に試乗されている河口さんならではの解説に、ご参加頂いた皆さまも熱心に耳を傾けてらっしゃいました。

メルセデス・ベンツの考える未来の自動車社会

まずはこの「第44回 東京モーターショー2015」でワールドプレミアされた「Vision Tokyo」や、自動運転リサーチカー「F 015 Luxury in Motion」などを紹介するステージからスタート。
メルセデス・ベンツが考える未来の自動車社会と未来へ向けた取り組みについてのプレゼンテーションを、皆さん興味深く聞き入っていました。

黒を基調にしたメルセデス・ベンツ スタンド

プレゼンテーションが終わり、いよいよ河口さんナビゲートのツアーがスタート。まずは、メルセデス・ベンツ スタンド全体についてご解説いただきました。
「黒を基調としたこのメルセデス・ベンツ スタンドは、世界中のモーターショーなどで、ほぼ同じ意匠で展開されています。世界各地へ機材やスタッフも一同に移動して、インタビュールームやカフェのインテリアなども含めて、世界中のモーターショーでほぼ同じパッケージでスタンドを設置しています。そういったあたりにも、メルセデス・ベンツのこだわりが感じられますね。」

The first-class SUV.

「メルセデス・ベンツのSUVは「GL~」という2文字がモデル名の先頭に付く形になりました。たとえば、「GLE」はSUVのEクラスに対応するモデル、参考出品として展示されている「GLC」はSUVのCクラスに対応するモデルということになり、各モデルの位置づけや特長がより明確になりました。」

  • GLE 350 d 4MATIC Sports
  • GLE 450 AMG 4MATIC Coupé
    (参考出展)
  • GLC(参考出展)

会場内でも一際目を引く「Mercedes-AMG GT S」

続いては、写真撮影をする方があとを絶たなかった「Mercedes-AMG GT S」。AMG のレーシングスピリットと技術をあますことなく備えたスポーツカーの魅力を、河口さんが実際に試乗された体験からご紹介頂きました。
「Mercedes-AMG GT Sは、富士スピードウェイで試乗しましたが、最終コーナーの立ち上がりで少し失敗したにもかかわらずストレートエンドでは270km/hが出ました。失敗していなかったらどれだけ出ていたんだろうと思うと、とてもワクワクするクルマですよね!しかも、運転安全性にもしっかり配慮されていて、ディストロニック・プラスやレーンキーピングアシストなどを標準装備しています。サーキットでの走りも一般道での走りも、両方満足できるようになっていますね。」

スポーツカーすら置き去りにする「Mercedes-AMG C 63 S」

次は、<トップ・オブ・Cクラス>と河口さんが評する「Mercedes-AMG C 63 S」。
「このモデルはMercedes-AMG GT Sと基本をともにする4.0リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載しています。圧倒的な加速性能でMercedes-AMG GT Sと肩を並べるほどです。最高出力510ps、最大トルク700Nmというパフォーマンスは、スポーツカーすら置き去りにしますよね。さらに、AMGの最新テクノロジーが満載です!
たとえば、AMGダイナミックエンジンマウントという、磁性体封入の液体マウントでエンジンをマウントしています。マウントを軟らかくしたり硬くしたりして、エンジンのロールモーションをコントロールするんです。普段は快適性を優先してノイズや振動を抑えた柔らかいマウント、よりダイナミックに走りたいときは硬いマウントで俊敏で一体感の高いドライビングが可能になります。」

メルセデス生まれのシティ・コンパクト 新型smart

「最後に、この「第44回 東京モーターショー2015」でジャパンプレミアとなったThe new smart fortwo edition 1とThe new smart forfourです。
The new smart fortwo edition 1は、1台分のスペースに横に並べて2台駐車できるというコンパクトなクルマです。全長2,755mmで、最小回転半径はなんと3.3m!取り回しはすごく楽ですよね。The new smart for fourは、新たに4人乗りのシティ・コンパクトとして登場しました。どちらのモデルも快適で安心なシティドライブが期待できますね。」

  • smart fortwo edition 1
  •  
  • smart forfour

スタンドツアー終了後は参加者の皆さんから河口さんへの質問タイムや、河口さんを囲んで参加メンバー全員での記念撮影なども行われました。

ご参加の方々より

知らないお話がたくさん聞けて、うれしかったです。今回のようなモータージャーナリストの方のお話が直接聞けるようなイベントが、もっとたくさんあるといいなと思います!
河口さんの運転するCクラスの助手席に乗れたらすごく楽しいでしょうね!

今日のツアーを通じて、メルセデス・ベンツのブランドイメージが変わりました!
今回河口さんに解説してもらった様々なクルマを、今度は実際に試乗してみたいと思っています。

以前からfacebookなどで見ていたC-Classroomのリアルイベントに参加できてよかったです!
河口さんの解説は本当にわかりやすくて、とても楽しかったです。