2016年2月23~24日に弊社初の社員研修旅行を行いました。
研修場所は箱根の仙石原でしたので、もちろんNEWアスロニア号で向かいました。

NEWアスロニア号に期待膨らむ!

スタッフにとっても、まだまだ目新しいアスロニア号ですので、みんな乗りたがり、結局は白戸代表をはじめ、マネージャークラスが優先的に乗ることになったのです。後部座席に3人の男性スタッフが座りましたが、「広々としていて全く窮屈感が無かったよ」と、口々に申していました。

弊社スタッフとなると、車内をトライアスロン仕様にするにはどのように活用したら良いか、という話題に花が咲いていました。後部座席の頭上に設置されているアクセサリーネットにはロードバイクのホイールを入れたり、バイクシューズやメット、一番多かった意見は、多少湿っているウェットスーツを広げて置いておく場所にはっピッタリだというものでした。これは、確かにレースやオープンウォータートレーニングに最適だと思います。

道中の高速道路ではメルセデス・ベンツのアテンションアシストの活用で運転手は快適に運転していました。また、運転席横に設置されているモニターに映し出される「トップビュー」と「リアビュー」の組み合わせの360°カメラシステムにも感動していました。まだまだ知らないメルセデス・ベンツVクラスのシステムがあり、これから体感していくのが楽しみです。