AMGオーナー限定 AMG DAY レポート 2016年4月18日 @富士スピードウェイ

AMGモデルのオーナーの皆様にAMGのパフォーマンスをサーキットで思う存分引き出して楽しんでいただこうと「AMG DAY」が開催されました。
春の富士スピードウェイで開かれたこのイベントは、一流のインストラクター陣による安全走行についての講習や、ご自身のAMGモデルでのレーシングコース走行など、とても充実した内容となりました。
同伴者の方にもお楽しみいただけるプログラムもあり、多くの方にご来場いただきました。
新型AMGモデルの発表もあり、盛りだくさんな一日をレポートします!

受付・当日車検

駐車場に到着した方から受付をします。ゲストパスを受け取り、展示されたAMGの最新モデルをチェックしたり、ピットラウンジでコーヒーを飲んだり、走行前のひとときを楽しみます。それと同時に、専門スタッフによる当日走行前車検が実施されます。オイル量、タイヤ空気圧・残溝、ブレーキパッドの残量など、その他にも車種に見合った点検を施しサーキット走行に備えます。

ドライバーズミーティング & C 63 Coupé発表

クリスタルルームにて、メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO上野金太郎が登壇し、AMGが積み重ねてきた歴史についてのプレゼンテーションを披露しました。
そして、新型AMGモデル「C 63 Coupé」をお披露目しました。4.0L V8直噴ツインターボエンジンをAMGダイナミックエンジンマウントにより搭載したこのモデル。ピットラウンジにて展示車両を間近に見ることもでき、さらにレーシングコース走行の時間には、その力強い走りも実際に披露されました。

つづいて、AMG DAYのアドバイザーとして、中谷明彦さん、瀬在仁志さん、高木虎之介さん、黒澤治樹さんの4名の豪華なインストラクター陣が紹介されました。今日一日よろしくお願いします!
最後に、VTRによるセーフティ・ブリーフィングや、コース上で注意が必要な各色のフラッグなどの説明がされました。
そしていよいよ、走行プログラムが始まります! 今回のAMG DAYでは、4つのプログラムが同時進行で開催されます。お好みのプログラムを、お好きな時間に受けていただけます。

レーシングコース走行

ご自身のAMGモデルで富士スピードウェイを駆け抜けます!
まずは、初めてサーキットを走行する方のために、中谷明彦さんや高木虎之介さんによる講習が行なわれました。マイクロバスに乗り合ってコースを周回しながら丁寧な講習を受けることで、レーシングコースでの走行を安全に行えるよう備えました。

ヘルメットを着用して出発です!意気揚々と出発していく皆さんの笑顔がはじけていました。15分ほどの走行とインターバルのセットで、最大3セットの走行を堪能できます。
スピードに自信のない方も、ハザードランプを点滅させながら、必要に応じてコース内の左側へ寄って後続車に進路をゆずることで、安心してご自分のペースで走行できます。

さまざまなAMGモデルが一同にサーキットを走る様は、まさにAMG DAY!レースやサーキットで培われたAMGのポテンシャルを存分に発揮し、目一杯お楽しみいただきました!
なによりも、ご自身所有のAMGモデルでサーキット走行ができるということが、参加者の皆さんにとって貴重な体験となりました。

ドリフト体験

瀬在仁志さんの指導によるドリフト体験プログラムです。 トレーニング前にタブレット端末でデモ走行の映像を見て講習内容を理解します。 トランシーバーから聞こえるインストラクターの指示にしたがい、アクセルを開けながらの定常円旋回を体験します。 アクセルを踏み込んでいくとFR車はリアが横へ流れそうになりますが、ESPによって横滑りが制御される状態を体験しました。

さらに、ESPをoffにして旋回しアクセルを踏み込んでいくと、今度はリアが流れたのちにスピンしてしまいます。それでもスピンしてしまわないように、アクセルコントロールができたら成功です。
4MATICのモデルでご参加の方も、ESPの作動する状況や、offにしたときのクルマの挙動を体感しました。

FAN VOICE

こういう運転は普段体験できないし、自分のクルマがこういう風に動くのかと勉強になって、良い経験になりました!

ESPをオフにすると、こんなに横滑りするんですね!いや~びっくりした!

同じようなプログラムを体験したこともあったけど、自分のクルマで体験できるのが嬉しいですね!

タイムトライアル

富士スピードウェイのP2駐車場に特設コースを設置し、黒澤治樹さんの指導のもとA 45 AMG 4MATICでタイムトライアルに挑戦しました。
挑戦の前に、黒澤さんからトライアルのポイントと、コースについての説明を受けます。目線は常に先に!クルマの挙動を感じ取ってコントロールしましょう!

まず1周目は、試走しながらコースを覚えます。シケインをクリアしてスラロームをパスし、最後は完全停止です。トランシーバーで黒澤さんから細かいコース攻略ポイントのアドバイスを受けながら1周します。 スタート地点に戻ったら、いよいよタイムアタックです。グリーンフラッグでスタート!パイロンに触れてしまったらプラス3秒のペナルティもありますので、緊張感がより増します。コースアウトやミスコースをしないように、ベストタイムを目指して、とても挑戦しがいのあるタイムトライアルでした。

FAN VOICE

趣味でレンタルカートに乗ることもあるのですが、それでも緊張しました。男としては攻めていかないかんな!と思ってがんばりました。

同じA 45 AMG 4MATICを持っているけど、普段運転は夫がします。良い機会だし私も運転したい!と思い挑戦しました。気持ちよかった!

A 45 AMG 4MATICは、エグゾースト音が良くて興奮しました!ステアリングを切ったときの反応もクイックで、思い通りに走れる感じですよね。

もっと攻められたんじゃないかなって思ってしまいます。もっと良いタイムを出したかった!また挑戦したいですね。

C 450 AMG 体験乗車

C 450 AMG 4MATICの体験試乗も開催されました。「AMGスポーツモデル」として人気のこのモデル。会場内の周回路を移動しながら、V型6気筒直噴ツインターボエンジンが生み出す滑らかでいてトルクフルな立ち上がりを体感。ご自身で運転試乗していただくことも、スタッフが運転して同乗試乗することもでき、人気のコンテンツとなっていました。

FAN VOICE

高級感があって、車内も静かで快適でした。それでいて、登り坂もスムーズに登るパワーもあって、さすがという感じでした。

アフターミーティング

すべての走行プログラムを終え、メディアセンターへ集まります。
中谷チーフインストラクターの総括です。「今日は皆さん、サーキットでのAMGのパフォーマンスを存分にお楽しみいただけたのではないでしょうか。皆さんのマナーやルール遵守のおかげで、安全にイベントを終えることができました。ありがとうございました!」
そして、「タイムトライアル」での走行タイムの上位5位までの方が表彰されました。おめでとうございます!

今後もAMG Driving Academyなど、サーキットでの走行イベントが多数実施される予定です。貴重なサーキットでの走行が体験できるチャンスです。ふるってご参加ください!

FAN VOICE

(タイムトライアル1位になって)走った感じはそんなに速く走れたとは思ってなかったんですが、まさか1位になれて嬉しいです!