あの人が語るメルセデス 現代音楽作曲家 薮田翔一さん

2/21 放送「ONE hour Sense #274」。今回のゲスト薮田翔一さんに、番組内で試乗した smart forfour について感じたことを語って頂きました。

薮田翔一|現代音楽作曲家

昨年、世界最高峰の音楽コンクール「ジュネーブ国際音楽コンクール・作曲部門」で日本人初のグランプリに輝く。今までにない和音やリズムが織りなす楽曲の構成美が聴くものを魅了している。

僕はドライブが好きで、よく音楽をかけながら運転を楽しんでいます。曲全体の聴きやすさと、運転中に気分が良くなることから、ポップスをかけることが多いですね。また、クルマに乗るときは、遊びに行ったり、初めての場所へ行ったりと、日常から離れることが多いので、いつもドキドキワクワクします。気ままにドライブを楽しんでいると、ふと良いアイデアが沸いてくることがあるので、僕にとってクルマは大切な空間です。

メルセデス・ベンツは、ドイツのクラシック音楽にも通じる美しさを感じます。ドイツで生まれたものは、建築や音楽、クルマなど、すべての面で細部にこだわって構築していく美しさがあります。そのため、メルセデスは、他のカーブランドにはない構築美が魅力ですね。

今回乗ったsmart forfourは、とにかく運転しやすかったです。初めて運転をしたとは思えないほど、身体に馴染んだので驚きました。シートに座った瞬間に身体にフィットする心地よさがありますし、適度なハンドルの軽さと、レスポンスの良いブレーキは、まるでクルマと一体になったような感じがしました。smart forfourのデザインは、フォルムが綺麗で可愛らしさもあるので、若い人も楽しめるクルマですね。ボディカラーのブルーと白のラインのコントラストも素敵で、すごく気に入りました。昨年行ったモーターショーのメルセデスの展示スペースが、とても美しくて感動しました。映像と音楽、クルマが一体となった演出は、作曲へのアイデアにもつながるのでしばらく眺めていました。メルセデスの最新のコンセプトカーは未来のビジョンを感じましたし、明るい未来がそこにあると僕たちに教えてくれている気がします。僕自身もメルセデスのように未来を見据えた美しい曲を作っていきたいです。

ONE hour Sense. フジテレビ・関西テレビ 毎週日曜日 21時54分~

ONE hour Sense. 1Hセンス

各界のプロフェッショナルが「1時間あったら訪れたい場所」を、
毎回メルセデス・ベンツに乗って訪れる番組。
輝いて生きる人のとっておきの1時間とは・・・
※今回の記事は2016年2月21日に放送された内容をご紹介しています。
※急遽、放送時間が変更となる可能性がございます。
ONE hour Sense公式サイト