あの人が語るメルセデス 俳優 渡辺裕太さん

2/14 放送「ONE hour Sense #273」。今回のゲスト渡辺裕太さんに、番組内で試乗した A 180 Sports について感じたことを語って頂きました。

俳優|渡辺裕太

自らで劇団を主宰し舞台を公演。ドラマや映画などにも出演している。
親しみやすいキャラクターでバラエティーでも活躍している。

僕にとってクルマは、スピード感や爽快感を与えてくれる大事な存在です。風を切りながら進む感覚を得られるところが魅力ですよね。時間がある時は、カーナビを使わずに目的地まで行くことが好きです。自分の方向感覚を頼りに知らない街を走ると、街の景色をよく見ることが出来るんです。車窓を流れる景色を眺めながらドライブを楽しむことは、最高に贅沢な時間の過ごし方だと思っています。

運転免許を取ったばかりの学生時代に、友人たちと大阪までクルマで行ったことは人生でも忘れられない思い出の1つです。道中は順番で運転を代わったり、席替えをしながら、ずっと話しをしていて「永遠にこの時間が続けばいいのに…」と思っていました。仲間とクルマで過ごす時間は、特別な記憶として思い出に残りますね。

今回、初めてAクラスを運転してみて、すごく運転しやすいと感じました。両親が輸入車に乗っていたので、輸入車は足回りが硬いイメージがありましたが、Aクラスはとても滑らかに走るので驚きました。ハンドルも思いのままに操れますし、まるで自分の身体の一部になったかのようなフィット感がありました。メルセデスは、ダンディーな大人が乗るクルマというイメージを持っていましたが、Aクラスのようなコンパクトカーはデザインも可愛らしいので20代でも肩ひじ張らずに乗れますね。僕の周りには、メルセデスに乗っている俳優の先輩もたくさんいて、彼らを見ると、素直にカッコいいなって思います。私生活の充実や考え方で雰囲気やオーラが変わってくると思います。そういう風にかっこいいなと思わせる方々はメルセデスに乗っている方が多いので憧れですね。僕もメルセデスが似合う、そんな役者を目指したいです。

ONE hour Sense. フジテレビ・関西テレビ 毎週日曜日 21時54分~

ONE hour Sense. 1Hセンス

各界のプロフェッショナルが「1時間あったら訪れたい場所」を、
毎回メルセデス・ベンツに乗って訪れる番組。
輝いて生きる人のとっておきの1時間とは・・・
※今回の記事は2016年2月14日に放送された内容をご紹介しています。
※急遽、放送時間が変更となる可能性がございます。
ONE hour Sense公式サイト