あの人が語るメルセデス ライフセーバー 和田賢一×A 180 Sports

12/11 放送「ONE hour Sense #314」。今回のゲスト和田賢一さんに、番組内で試乗したA 180 Sportsについて感じたことを語って頂きました。

和田賢一│ライフセーバー

人命救助に必要な能力を競うライフセービング競技。その世界最高峰の大会と言われる全豪選手権に出場し「ビーチフラッグス」で、日本人男子歴代最高の2位に輝く。全日本選手権では三連覇を果たし、世界でも活躍をしている。

僕は以前、プロサーファーを目指していたので、当時はクルマにサーフィンを積んで友人と一緒に海に通っていました。朝4時半に家を出て、東京から千葉の九十九里浜までドライブして、日の出を見ながら波に乗っていた思い出は鮮明に残っています。クルマと共に夢に向かい、青春時代を過ごしました。
今回運転したA 180 Sportsは、コンパクトでありながらアクセルを踏んだ時の加速がとてもスムーズでした。僕は最高時速が30km/hぐらいなので、A 180 Sportsの加速力は嫉妬するくらい魅力的ですね。

メルセデスは、子供たちが将来乗りたいと憧れる夢のひとつでもあります。A 180 Sportsはボディデザインもカッコいいですし、内装の黒とシルバーのバランスが美しくてとても気に入りました。このメタリックな質感はメルセデスならではの世界観で、とても心に残りました。

メルセデスは様々な魅力がありますが、ほかのクルマとの圧倒的な違いは“本質をつくクルマ”ということだと思います。乗用車として、時代のニーズに合わせた部分と、100年以上変わらない部分が共存し合ってメルセデスというクルマを作り上げています。僕もメルセデスのように、自分のスタイルを持ちながら、一方でフォームや形に固執することなく更にレベルアップして変わっていく柔軟さを持ち合わせていきたいですね。
また、ライフセーバーは、何人を助けたかよりも「どれだけ事故を未然に防げるか」が大事な職業です。メルセデスの安全性の高さはライフセービングが追い求めている最も大事な部分と共通しているように感じます。

ONE hour Sense. フジテレビ・関西テレビ 毎週日曜日 21時54分~

ONE hour Sense. 1Hセンス

各界のプロフェッショナルが「1時間あったら訪れたい場所」を、
毎回メルセデス・ベンツに乗って訪れる番組。
輝いて生きる人のとっておきの1時間とは・・・
※今回の記事は2016年12月11日に放送された内容をご紹介しています。
※急遽、放送時間が変更となる可能性がございます。
ONE hour Sense公式サイト