あの人が語るメルセデス スポーツナビゲーター 白戸太朗さん

12/13 放送「ONE hour Sense #265」。今回のゲスト、白戸太朗さんが番組内で試乗した V 220 d AVANTGARDE Extra-long。白戸太朗さんが V 220 d AVANTGARDE Extra-long に乗って感じたことを語って頂きました。

白戸太朗│スポーツナビゲーター / (株)アスロニア代表

トライアスリートとして世界のレースで数々の戦績を残す、トライアスロンのパイオニア。その経験を活かし、テレビやイベントなどでナビゲーターとしても活躍。
トライアスロンの普及ため、アスロニアを設立し代表を務める。

僕の愛車は、前モデルのVクラスです。今回、新型Vクラスを運転してみて、前モデルの良い部分は残しつつ、グレードアップしていると思いました。便利な機能も増えましたし、ボディも内装も更にオシャレになっていて、ドライブの快適さが増しましたね。

新型Vクラスは、高速で運転をしているときに横風が吹いても安定していたので、リラックスしてドライブができました。初めてでも、とても運転しやすく、乗り心地も良いので、長距離の運転でも疲れないでしょうね。

僕たちのような、トライアスロンの選手は沢山荷物を積んで、大人数で長距離を移動することが多いので、Vクラスのように広くて安定感のあるクルマは、すごく助かります。ボディの大きさがきちんと車内の空間として活かされている所が大きな魅力ですね。

メルセデスはすごく高級なイメージがありましたが、今は、コンパクトカーから大型のバンまで幅広いラインナップが揃っているので、身近な存在になりましたね。僕自身、メルセデスのクルマに乗り続けていて感じることは、メルセデスは高級なだけでなく質実剛健であるということです。車体の構造や機能面もしっかりとしていますし、安全への配慮も行き届いていて、こだわりを感じますね。

スポーツ選手にとって、クルマの乗り心地の良さは非常に大事です。地方の試合に参加するときは、長距離の往復を運転しますし、レースや練習を終えて移動する時は、疲れた体でいかに安全に運転するかが大事です。メルセデスのように機能性が高く、乗り心地の良いクルマは、より良いパフォーマンスにつながるので、スポーツマンに適したクルマだと思いますね。

ONE hour Sense. フジテレビ・関西テレビ 毎週日曜日 21時54分~

ONE hour Sense. 1Hセンス

各界のプロフェッショナルが「1時間あったら訪れたい場所」を、
毎回メルセデス・ベンツに乗って訪れる番組。
輝いて生きる人のとっておきの1時間とは・・・
※今回の記事は2015年12月13日に放送された内容をご紹介しています。
※急遽、放送時間が変更となる可能性がございます。
ONE hour Sense公式サイト