あの人が語るメルセデス ラテ職人 大田悠介 × B 180

2/26 放送「ONE hour Sense #324」。今回のゲスト大田悠介さんに、番組内で試乗したB 180について感じたことを語って頂きました。

大田悠介│ラテ職人

2014年、アメリカ・ポートランドで開かれたラテアート大会で世界チャンピオンに輝く。エスプレッソとスチームミルクで描く繊細なラテアート。その美しさと美味しさで人々を魅了している。

僕は、メルセデス・ベンツ コネクションでカフェラテを作っているので、メルセデスはとても身近です。B 180は今回初めて運転しましたが、想像していた以上に運転しやすくて驚きました。レーンキーピングアシストで車線の逸脱を教えてくれたり、ブラインドスポットアシストで斜め後方の死角をモニタリングしてくれたり、最新機能が満載なので初めてでも安心してドライブが楽しめました。

以前は、“メルセデスはハイクラスなクルマ”というイメージを持っていましたが、メルセデス・ベンツ コネクションには様々なラインアップのクルマが並んでいますし、若いお客さんも多いのでイメージが変わりました。実際に乗ってみると、使いやすさが追求されていて、徹底的にユーザー目線で作られていることも実感できました。
B 180は高級感があるのに、手頃な価格帯のところも魅力ですね。ボディもインテリアもしっかりとした作りですし、安心感がありますね。もしB 180を買ったら、風を浴びながら好きな音楽をかけて、移り変わる景色を楽しみたいです。クルマがあると生活の幅が広がって充実しますよね。

僕は、ラテ職人として常に高いクオリティの一杯を提供することに尽力しています。メルセデスの、安全性だけではなく、質感や乗り心地、デザインなど、全ての面において、常に最高レベルを求めているカーブランドであるところに共通点を感じます。僕もメルセデスのように、もっと上を目指していきたいです。

ONE hour Sense. フジテレビ・関西テレビ 毎週日曜日 21時54分~

ONE hour Sense. 1Hセンス

各界のプロフェッショナルが「1時間あったら訪れたい場所」を、
毎回メルセデス・ベンツに乗って訪れる番組。
輝いて生きる人のとっておきの1時間とは…
※今回の記事は2017年2月26日に放送された内容をご紹介しています。
※急遽、放送時間が変更となる可能性がございます。
ONE hour Sense公式サイト