あの人が語るメルセデス 空間デザイナー 小野直紀×C 220 d AVANTGARDE

6/26 放送「ONE hour Sense #292」。今回のゲスト小野直紀さんに、番組内で試乗したC 220 d AVANTGARDEについて感じたことを語って頂きました。

小野直紀│空間デザイナー

プロダクトデザイナーの山本侑樹とともに、デザインスタジオ「YOY(よい)」を設立。遊び心と実用性を兼ね備えたデザインで、世界から注目を集めている。

私は大学生のとき一年ほどアイルランドに住んでいました。国際免許を持っていたので、現地で知り合った友人とレンタカーを借りて旅をした思い出があります。アイルランドには、妖精が住んでいると言われるほど、のどかな景色が広がっていて、窓の外に流れていく絶景に感動したことは、今も鮮明に覚えています。
今回初めてCクラスを運転してみて、デザインや走り心地がしっかりしていて、安定感のあるクルマだと思いました。アクセルを踏んでから加速するまでがスムーズですし、ブレーキのタッチも自然で全くストレスを感じませんでした。

メルセデスは“大人が乗るクルマ”というイメージを持っていたので、私にはまだ早いと思っていましたが、Cクラスはデザインもスタイリッシュですし、初めてでも運転しやすいので、楽しくドライブできました。以前のボディデザインはシックなイメージでしたが、新型Cクラスはスポーティなデザインなのでとても気に入りました。
随所に最新技術が搭載されているので、運転の回数を重ねるたびに、その魅力を体感していく楽しみがありますね。乗り心地が良いのでリラックスできて、メルセデスならではの最新技術は運転する人をワクワクさせてくれますね。

空間デザイナーの視点から見たCクラスは、テクスチャーと質感の素晴らしいクルマだと思います。シートの革の質感が非常に良く、手触りにも表情を感じます。窓枠にも樹脂の質感がありますし、スピーカーの素材や内装デザインの1つ1つがよく考えて作られていて、とても勉強になりました。

ONE hour Sense. フジテレビ・関西テレビ 毎週日曜日 21時54分~

ONE hour Sense. 1Hセンス

各界のプロフェッショナルが「1時間あったら訪れたい場所」を、
毎回メルセデス・ベンツに乗って訪れる番組。
輝いて生きる人のとっておきの1時間とは・・・
※今回の記事は2016年6月26日に放送された内容をご紹介しています。
※急遽、放送時間が変更となる可能性がございます。
ONE hour Sense公式サイト