2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45th International SUZUKA 1000km

「グッドスマイル 初音ミク AMG」が5位、「LEON CVSTOS AMG-GT」が8位入賞!

8/27~28に鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT 第6戦「45th International SUZUKA 1000km」で、「グッドスマイル 初音ミク AMG」が5位、「LEON CVSTOS AMG-GT」が8位に入賞しました。

予選では、順調な仕上がりを見せた「グッドスマイル 初音ミク AMG」が7位、「LEON CVSTOS AMG-GT」が9位に入りました。以下、「GAINER TANAX AMG GT3」は15位、「エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT」が23位、「アールキューズ SLS AMG GT3」が25位、「ODYSSEY SLS」が28位から決勝に臨みました。

決勝スタート時の天候は曇り。しかし、午前中に降った強い雨によりウェット路面でレース開始。今回はレース中に時折降雨に見舞われる難しい路面コンディションとなりましたが、そんな状況で目覚ましい走りを見せたのが谷口信輝/片岡龍也組の「グッドスマイル 初音ミク AMG」。レース前半には、滑りやすい路面のなか「UPGARAGE BANDOH 86」をコース上で抜き去ってトップに立つなど、大いに観客を沸かせました。

その後も健闘の走りで上位争いを繰り広げた「グッドスマイル 初音ミク AMG」は、Mercedes-AMG勢では最上位となる5位でフィニッシュ。また、コンスタントな走りで上位をキープした「LEON CVSTOS AMG-GT」が8位に入賞。以下、「エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT」が15位、「ODYSSEY SLS」が16位、「アールキューズ SLS AMG GT3」が23位で完走。「GAINER TANAX AMG GT3」は、トラブルにより惜しくもリタイアとなりました。

次回のSUPER GT第7戦は、10/8(土)~10/9(日)にタイのチャン・インターナショナル・サーキットで行われます。今年で3回目となるタイでの熱戦にもぜひご期待ください。