2016 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 300km RACE REPORT

グッドスマイル 初音ミク AMGが5位入賞!

8/6~7に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 第5戦「FUJI GT 300km RACE」で、「グッドスマイル 初音ミク AMG」が5位、「GAINER TANAX AMG GT3」が7位に入賞しました!

予選では「グッドスマイル 初音ミク AMG」が5位、「LEON CVSTOS AMG-GT」が7位となり、決勝での上位進出を期待させる順位に。以下、「GAINER TANAX AMG GT3」が11位、「ODYSSEY SLS」が23位、「エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT」が26位、「アールキューズ SLS AMG GT3」は27位でした。

翌日の決勝は、スタート時の気温が34度、路面温度54度という真夏の暑さのなか行われました。

予選から好調だった「グッドスマイル 初音ミク AMG」は、4位争いを繰り広げてMercedes-AMG勢のトップを走行。「LEON CVSTOS AMG-GT」も6位につけ、荒れたレース展開のなか上位進出を狙います。しかし、レースも残り8周というところで「LEON CVSTOS AMG-GT」の蒲生尚弥選手が走行中に異音を感じ、そのままピットイン。レース続行をすることが出来ませんでした。

一方、「グッドスマイル 初音ミク AMG」はレース終盤、4位の「マネパ ランボルギーニ GT3」を果敢に攻め、テール・トゥ・ノーズのバトルを展開。しかし、わずか0.006秒及ばず、惜しくも5位フィニッシュとなりました。

そして、手堅い走りを見せた「GAINER TANAX AMG GT3」が7位でポイントゲット。以下、「ODYSSEY SLS」が16位、「エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT」が22位、トラブルに見舞われた「LEON CVSTOS AMG-GT」は23位。「アールキューズ SLS AMG GT3」はクラッシュによりリタイアとなりました。

次戦は8/27(土)~28(日)に鈴鹿サーキットで行われる「International SUZUKA 1000km」です。次回もみなさんの応援をよろしくお願いします!