MB Live! http://mb-live.jp Just another WordPress site Mon, 15 May 2017 10:15:34 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 【F1 REPORT】第5戦スペインGP http://mb-live.jp/sports/f1-2017-05-15/ http://mb-live.jp/sports/f1-2017-05-15/#respond Mon, 15 May 2017 07:14:00 +0000 http://mb-live.jp/?p=4633 "【F1 REPORT】第5戦スペインGP"の続きを読む]]> 2017年F1第5戦スペインGPが開催されるカタロニア・サーキットは、バルセロナの北に位置し、1991年に竣工した比較的新しいサーキットである。オーバーテイクのシーンを観客に見せるためにレイアウトに工夫が施され、2本の長いストレートが特徴だ。
ただし現在では、F1マシンの空力特性の変化によって、オーバーテイクが難しいサーキットになっている。2007年には新たにシケインを設けてオーバーテイクのチャンスを増やす試みが行われたが、追い越しが難しいサーキットであることに変わりはない。
つまり、スペインGPでは予選の順位が非常に重要となるのだ。

5月13日(土)に行われた予選で見事ポールポジションを獲得したのは、メルセデスAMG ペトロナスF1チームのルイス・ハミルトン。1000分の1秒を競う厳しい予選を振り返ったハミルトンは、「予選前にマシンに変更を加えたのがうまくいきました。ファクトリーのスタッフは素晴らしい仕事をしてくれています」とコメント。なお、ハミルトンがスペインGPでポールポジションからスタートするのは、2年連続となる。

前戦ロシアGPでF1初優勝を飾ったメルセデスAMG ペトロナスF1チームのバルテリ・ボッタスは、古いエンジンを使用せざるを得ないという逆境のなか、予選第3位を確保。結果、1位と3位がメルセデスAMG ペトロナスF1チーム、2位と4位がフェラーリというスターティンググリッドとなった。

明けて14日(日)の決勝は、夏を思わせる陽光がサーキットに降り注ぎ、気温は24度、路面温度は43度を超えた。
スタートでは、予選第2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が好発進でトップに立つ。2位ハミルトン、3位ボッタスという隊列で序盤戦は進行した。しかし残念ながら39周目にボッタスはエンジントラブルでリタイア。ボッタスにとっては不運な週末となった。

そしてレースは、メルセデスAMG ペトロナスF1チームのハミルトンとフェラーリのベッテルの一騎打ちの様相を呈す。44周目、ついにハミルトンが逆転に成功。以後、順調に周回を重ねてトップでチェッカーフラッグを受け、今シーズン2勝目を記録した。

25ポイントを獲得したハミルトンは、ドライバーズランキングでトップを走るベッテルとの差を6ポイントにまで縮め、コンストラクターズランキングでは、メルセデスAMG ペトロナスF1チームが2位フェラーリとの差を8ポイントに広げた。

ドライバーズチャンピオン、コンストラクターズチャンピオンともに激しい争いが続く。おそらく、1ポイントの差が終盤で重みを持つはずだ。
次戦となる第6戦、伝統のモナコGPは5月25日から28日にかけて開催される。ちなみに、昨シーズンのモナコGPのウィナーはハミルトン。今年も期待したい。

]]>
http://mb-live.jp/sports/f1-2017-05-15/feed/ 0
オーナーのための豆知識。鍵のトラブル対処法 http://mb-live.jp/whats-mb/technology-2017-05-15/ http://mb-live.jp/whats-mb/technology-2017-05-15/#respond Sun, 14 May 2017 15:00:20 +0000 http://mb-live.jp/?p=4621 "オーナーのための豆知識。鍵のトラブル対処法"の続きを読む]]> .youtube iframe{ width: 100%;}

新型Eクラスの“リモコンキー”の電池が切れたら…

動画で、交換作業の手順を確認

新型Eクラスから採用された “リモコンキー”。「電池交換の方法がわからない」というオーナーの声に応え、動画を紹介します。

電池交換の際は、CR2032リチウム電池を用意し、動画の手順を参照して。

キーを車内に閉じ込めてしまったら…

My Mercedesアプリで「24時間ツーリングサポート」を利用

24時間365日、経験豊かなオペレーターが待機し、電話1本で様々な手配を行う「24時間ツーリングサポート。My Mercedesアプリを使えば、簡単に「24時間ツーリングサポート」に発信できます。
ホーム画面で「エマージェンシーコール」を選択し、「24時間ツーリングサポートに発信」を選択するだけで簡単に発信が可能に。
万が一、キーを車内に閉じ込めてしまったら、My Mercedesアプリから「24時間ツーリングサポート」のご利用を。発信と同時に位置情報とクルマの情報が転送され、スピーディーな対応が可能になります。
※一部ツーリングサポートの対象外のケースがあります。
※24時間ツーリングサポートは、新車から3年以内のメルセデスケア対象車両、または保証プラス、ツーリングサポートプラスなどの有償プログラム加入者へのサービスです。お客様のクルマが故障・交通事故となったときに、現場での応急処置、けん引、ドライバーや同乗者の移動などをサポートします。

My Mercedesアプリのダウンロードはこちらから
http://www.mercedes-benz.jp/lp/app/

]]>
http://mb-live.jp/whats-mb/technology-2017-05-15/feed/ 0
期待の新星、石山千晶選手がメルセデス・サポート選手に仲間入り http://mb-live.jp/sports/golf-2017-05-11/ http://mb-live.jp/sports/golf-2017-05-11/#respond Wed, 10 May 2017 15:00:34 +0000 http://mb-live.jp/?p=4575 "期待の新星、石山千晶選手がメルセデス・サポート選手に仲間入り"の続きを読む]]> 2016年にプロテスト合格、ステップアップツアー1勝をあげ、期待を集めている石山千晶選手が、4月19~21日の「パナソニックオープンレディース」から、メルセデス・サポート選手の仲間入りを果たした。

「今後はメルセデス・サポート選手として、メルセデス・ベンツとともに連戦を戦っていく中でゴルフの技術をさらに磨くとともに、プロとしての品格も身につけ、メルセデスが似合う人間として成長していきたいと思います。応援をどうぞよろしくお願いいたします」(石山選手)

石山選手には、全国各地を転戦する選手活動のサポートとして、CLA 180 Shooting Brake Sportsが貸与。自宅のある大阪から、各試合会場への移動などに活用される。

石山選手に貸与されたCLA 180 Shooting Brake Sportsは、流麗なフォルムとステーションワゴン並みの室内空間を両立したシューティングブレークモデル。自動緊急ブレーキで被害を軽減するアクティブブレーキアシストをはじめとした安全機能も充実し、2015年のデビュー以来、新世代メルセデスの先鋭として人気のモデルだ。同モデルの詳細は、下記リンクからチェックを。
 

ABOUT CAR

CLA 180 Shooting Brake Sports

道行く人の視線を奪う、ひときわ輝く流麗なフォルム。あふれるほどの高揚が沸き上がる、洗練を極めたスポーティな空間。そしてそこに宿る、想像を超える快適性、高度な機能性、先進の知的安全装備。

 

]]>
http://mb-live.jp/sports/golf-2017-05-11/feed/ 0
葉山の海でSUPとグルメを体感する家族の休日 http://mb-live.jp/drive/family-2017-05-09/ http://mb-live.jp/drive/family-2017-05-09/#respond Mon, 08 May 2017 15:00:21 +0000 http://mb-live.jp/?p=4353 "葉山の海でSUPとグルメを体感する家族の休日"の続きを読む]]> 新しい家族を迎えるために選んだステーションワゴン

大手システム会社に勤務する山中崇領さん。家族ドライブの頼もしい相棒であるCクラス ステーションワゴンは平日、奥さんのうつぎさんがハンドルを握ることが多い。以前のイタリア車から乗り換えた理由はいくつかあるものの、長男の惇聖(じゅんせい)くんが生まれたことがいちばんのきっかけだったという。

崇領さんもうつぎさんも、独身時代はゴルフとサーフィンを共通の趣味としていた行動派。自ずとスポーティなイタリア車に惹かれ、ともにいたく気に入っていたが、結婚して家族が増えることになり、安心・安全を重視したクルマを探すことになった。そして選んだのが、Cクラスだったのだ。次男の琉聖(りゅうせい)くんが2歳になった今、山中家にとってますます欠かせない存在になっている。

子どもたちがまだ小さいため、家族での外出は周りにあまり気を使わなくてすむ外遊びがメイン。「思いきり発散させてあげたいので、川遊びやキャンプに行くことが多いですね。ワゴンを選んだ理由のひとつには、アウトドア遊びの荷物がしっかり積めるというのもあります」(うつぎさん)

乗るほどに伝わってくる、頼もしさと楽しさ

今日の目的地は、都内の自宅から高速を使って片道1時間半ほどで行ける神奈川県の葉山。家族揃ってSUP(スタンドアップパドル)を楽しむためだ。事の発端はサーフィンと疎遠気味になっていた崇領さんとうつぎさんの興味で、しかも子どもと一緒に遊べるアクティビティとあって、チョイスしたのだった。

チャイルドシートを取りつけた助手席に5歳の惇聖くんが乗り込んだCクラスは、まだ渋滞の始まっていない早朝の道を軽快に走ってゆく。聞けば、以前のイタリア車と大きく違うフィーリングに戸惑うこともあったそうだが、今ではほどよく重い手応えのあるステアリング、カチッとしたブレーキのタッチに惚れ惚れしているそうだ。そして乗れば乗るほど、運転が楽しく感じられるという。メルセデス伝統の小回り性能は、都内はもちろん、葉山の狭い道も苦にしない。

子どもたちにとっては苦痛なときもある移動時間。山中家では必ず、お腹を満たしてから乗せるようにしている。「携帯ゲームで遊ばせたりもしますが、車内の温度を気持ち高めにして、とにかく寝付かせる工夫をしています。そのほうが子どもも親もラクですから」(崇領さん)

水面を滑るボードの上で、葉山の海を心ゆくまで

崇領さんもうつぎさんもサーフィンで鳴らしたとはいえ、似て非なるSUPは今日が初体験。子ども連れということもあり、葉山のSUPショップ、Natural Rhythmに手ほどきをお願いした。夫妻はウェットスーツに、子どもたちはライフジャケットを装着し、近くの海へと向かう。

ハワイ発祥のSUPはここ数年、気軽に始められるマリンスポーツとして人気が高まっている。ボードの上に立つと自然と体幹を使うため、エクササイズ効果もあるという。当然のことながら基本動作を学ぶところから始まるが、難しいことは一切なし。波風穏やかな絶好のコンディションのもと、10分程度のレクチャーで乗れるようになった。

行きの車内でしっかり寝て元気いっぱい、物怖じしない惇聖くんと琉聖くんも初めてのSUPに興味津々の様子。今日は親子1組で乗るため浮力の大きなボードを使う。

SUP独特の浮遊感と心地よく吹く海風を感じながら、葉山の海を満喫する4人。「思っていた以上に簡単にできたのでびっくりしました。そしてなにより、とーっても気持ちいい!近いうちに家族でまた来ます」(うつぎさん)

Spot information

Natural Rhythm
http://www.naturalrhythm2014.com

神奈川県三浦郡葉山町一色1437-3 ハビテーション葉山B1
tel. 046-874-5681
営業時間 11:00~18:00
定休日 木曜+不定休
駐車場 3台

老舗の地産地消フレンチを味わう休日ランチ

初めてのSUPをエンジョイした一家が次に訪れたのは、葉山の老舗フレンチレストラン、ラ・マーレだ。地の魚介類に葉山牛、旬の三浦野菜など、地産地消の食材をふんだんに使ったカジュアルフレンチでお腹を満たすことにした。名物のブイヤベースに加え、子どもたちのリクエストでステーキも。素敵な家族団らんの時間である。

1階のカフェ・ブラッセリーには、大きなガラス張り窓の明るい店内席と、ウッドデッキのテラス席があるが、穏やかに晴れたこの日は後者を選択。肩肘張ることなく、それでいて格式あるホスピタリティに満たされながら、目にも美味しい料理に舌鼓を打ったのだった。

1階フロアよりいくらか下がった位置にあるテラス席は、海に浮かぶように建つラ・マーレの特等席。「子どもが生まれる前は、デートでときどき来てました。家族で来るとまた、なんとも感慨深いですね(笑)」(崇領さん)

Spot information

レストラン ラ・マーレ
http://lamaree.chaya.co.jp

神奈川県三浦郡葉山町堀内24-2
tel. 046-875-6683
営業時間 11:30~21:00L.O.(2Fレストランフロアは11:30~14:30/17:30~21:00L.O.)
定休日 月曜(祝日の場合は翌平日休業)
駐車場 15台

メリハリがあるから、遊びの充実感が増す

楽しく美味しいランチタイムを終えたのは14時頃のこと。まだ遅くない時間だが、欲張らず・詰め込みすぎないスケジュールがルールの山中家は、早々と帰路につくことにした。渋滞を避けること、ひいては子どもたちが疲れすぎるのを防ぐためだという。

「渋滞する前に動きたいので、朝の5時に出発するのも平気です。目的地でもあまり長居せず、ギュッと遊んで、帰りの渋滞が始まる前にさっと帰る。短期集中じゃないですけど、そのほうが充実感があるので」(崇領さん)

]]>
http://mb-live.jp/drive/family-2017-05-09/feed/ 0
【REPORT】第2戦 富士スピードウェイ http://mb-live.jp/sports/super-gt-2017-05-08/ http://mb-live.jp/sports/super-gt-2017-05-08/#respond Mon, 08 May 2017 05:20:13 +0000 http://mb-live.jp/?p=4372 "【REPORT】第2戦 富士スピードウェイ"の続きを読む]]> 5月3日(水)、4日(木)の両日にわたって、富士スピードウェイでSUPER GT第2戦が開催された。
3日に行われた予選ではMercedes-AMG GT3が速さを見せつける。グッドスマイル 初音ミク AMG が見事にGT300クラスのポールポジションを獲得、GAINER TANAX AMG GT3が3位に続いた。

富士スピードウェイの特徴は、約1.5kmの長いホームストレートがある一方で、コース後半にはタイトな低速コーナーが連続すること。どちらに合わせてセッティングするかが難しいコースではあるがけれど、グッドスマイル 初音ミク AMGは、予選で見事な走りを披露した。
ただし、このレースは500kmの長丁場、毎年なんらかのドラマが起こる。ポールポジション獲得は朗報だ。しかし、この速さを明日の勝利に結び付けなければならない。

明けて4日は絶好のレース日和。ゴールデンウィークの富士スピードウェイには5万8000人もの観客が集まり、スタートの瞬間を今かと待った。
午後2時10分、レースはスタート。110周、500kmの長旅が始まった。
決勝レースでもグッドスマイル 初音ミク AMGは予選で見せた速さを保ち、首位を快走する。GAINER TANAX AMG GT3が2番手にあがり、Mercedes-AMG GT3がワン・ツーのフォーメーションとなる。

しかし61周目にトラブルがグッドスマイル 初音ミク AMGを襲う。タイヤがパンクし、緊急ピットイン。レース終盤にもパンクに見舞われたグッドスマイル 初音ミク AMGは順位を落とす。
レース後半、GAINER TANAX AMG GT3は激しいトップ争いを繰り広げたが、7秒ほど届かず2位。予選で振るわなかったLEON CVSTOS AMGは、確実にレースをまとめ5位に入賞した。

最高の結果とは言えないものの、予選、決勝を通じてMercedes-AMG GT3がトップを争うポテンシャルを持っていることはしっかり証明できたレースだった。
次戦第3戦は、5月20日(土)、21日(日)に大分県のオートポリスで開催される。

]]>
http://mb-live.jp/sports/super-gt-2017-05-08/feed/ 0
【F1 REPORT】第4戦ロシアGP http://mb-live.jp/sports/f1-2017-05-02/ http://mb-live.jp/sports/f1-2017-05-02/#respond Tue, 02 May 2017 07:24:03 +0000 http://mb-live.jp/?p=4204 "【F1 REPORT】第4戦ロシアGP"の続きを読む]]> 2017年F1第4戦ロシアGPは、メルセデスAMGにとって記念すべきレースとなった。4月30日(日)にソチ・オートドロームで行われた決勝において、今季からチームに加入したバルテリ・ボッタスがついにF1での初優勝を飾ったのだ。
ボッタスはF1にデビューして4年目、81戦目での初勝利。歴代107人目のF1勝者で、フィンランド人ドライバーが表彰台の一番高い所に登ったのはヘイキ・コバライネン以来5人目となる。
では、このレースを4月29日(土)の予選から振り返ってみよう。

抜けるような青空の下で行われた予選では、路面温度が40度以上にまで上昇。メルセデスAMGの2人のドライバー、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスはタイヤと路面とのマッチングに苦しみ、2台のフェラーリに先行を許す。結果、予選順位はボッタスが3位、ハミルトンが4位となった。
不本意な予選結果に終わったハミルトンは、「タイヤを上手に使えていない。今晩、ゼロから改善してみるつもりだ」とコメントを残し、翌日の決勝に臨んだ。

明けて日曜日の決勝。さらなる好天に恵まれたなか、いよいよ第4戦ロシアGP決勝がはじまった。ここでボッタスが、ロケットスタートを見せる。1周目で2台のフェラーリを抜き去り、トップに立つ。スタート直後にセーフティカーが導入されるなど波乱の幕開けとなったが、ボッタスは落ち着いて対処。セーフティカーが退出してレース再開となってからもトップを維持する。ここからボッタスは、後続を1周ごとに2秒ずつ引き離す快調なペースでラップを重ねた。

しかし27周目にボッタスがタイヤを交換した後、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが猛追、ぐいぐいと差を縮める。最終ラップにはその差は0.7秒となり、手に汗を握る展開となった。
しかし冷静さが持ち味のボッタスは、タイム差が縮まっている原因はタイヤにあると的確に把握し、ベッテルの猛追を退け、見事トップチェッカーとなった。レース後には「しっかりとタイム差を管理できていた」と語り、さらに「レースに集中したいから、無線の連絡を静かにするように頼んだ」というコメントには、相当のプレッシャーがかかっていたことが伺える。終わってみれば、F1におけるスタートの重要性を改めて知るレースでもあった。

「ちょっと時間がかかってしまったけれど、初勝利は夢のようだ。表彰台の一番高い所からフィンランドの国歌を聴くことは、特別な体験だった」と、初優勝を飾ったボッタスはコメントを残した。
ハミルトンも4位に入賞し、メルセデスAMGのコンストラクターズランキングはフェラーリをかわし1位。ただし2位フェラーリとはわずか1ポイント差の僅差である。ドライバーズランキングではハミルトンが2位、ボッタスが3位とトップのセバスチャン・ベッテルを追いかける展開だ。

混戦のF1、第5戦はヨーロッパラウンドの幕開けとなるスペインGP。決勝レースは、5月14日(日)にカタロニア・サーキットで開催される。コンストラクターズランキングの1位キープ、そしてドライバーズランキングの1位を狙うためにも、ハミルトンとボッタスにとって負けられないレースが続く。

]]>
http://mb-live.jp/sports/f1-2017-05-02/feed/ 0
タレント・磯山さやかさんが語る「クルマと私とメルセデス」 http://mb-live.jp/style/one-hour-sense-2017-04-26/ http://mb-live.jp/style/one-hour-sense-2017-04-26/#respond Tue, 25 Apr 2017 15:00:21 +0000 http://mb-live.jp/?p=3939 "タレント・磯山さやかさんが語る「クルマと私とメルセデス」"の続きを読む]]> 私にとってクルマは癒しの場所です。ドライブをすると、運転に集中して心が無になりますし、気分がリセットできます。まるで第2の自分の部屋のような大切な空間だと思います。

今回、久しぶりに運転をしましたが、ブランクを感じないくらいB180は運転がしやすいクルマでした。ドイツ車はアクセルやブレーキが重いイメージがありましたが、少し踏むだけで加速しますし、ブレーキも驚くほど静か。安定感があるので無駄な揺れが少なく、最先端の乗り心地の良さが味わえますし、リラックスしてドライブが楽しめるクルマですね。運転が好きな人も楽しめるクルマだと思いますが、安全性能が充実しているので、運転に自信のない女性や高齢者にも優しいと思いました。手元の操作やシートのフィット性の高さなど、細やかな心配りを随所に感じて、とても愛着がわきました。

すっきりとしたスタイリングでメルセデスならではの上品さもあるので、どんな年代の方にもフィットしそう。今までメルセデスは男性的なイメージを持っていましたが、B180はコンパクトでエレガントだから、女性にもぴったりだと思います。

私はタレントとして、テレビを見てくれる人たちに楽しんでもらえるよう頑張っていますが、メルセデスのクルマは、乗る人のことを第一に考えて作られていると感じました。今回、実際に運転して感じた心地よさを、私もテレビを見ている人たちにお届けしたい。そんな気持ちを、B180に教えてもらいました。

PROFILE

磯山さやか|タレント

磯山さやか

グラビアアイドルとしてキャリアをスタート。明るいキャラクターを活かしバラエティ番組などで活躍。ファッション誌の専属モデルにも抜擢され、女性からも支持を集めている。

 

ONE hour Sense.

各界のプロフェッショナルが日常を離れ、それぞれが自分を高めるために訪れてみたいスポットをクルマで訪れる1時間の過ごし方を紹介するプログラム。毎週日曜21:54~ フジテレビ・関西テレビで放映中。

 

About car

B180

B-Class
 
B-Class

サイズ:全長4,400mm/全高1,545mm/全幅1,785mm/重量1,450kg
広い室内空間とラゲッジスペースを確保した実用性の高さと、スタイリッシュに研ぎ澄まされた美しい外観を両立。環境性能とパフォーマンスを大幅に高めた直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載し、優れたレスポンスによる走りが愉しめる。

 
 

]]>
http://mb-live.jp/style/one-hour-sense-2017-04-26/feed/ 0
Mercedes-Benz LIVE!の世界を体感する、新型GLA試乗プレゼント http://mb-live.jp/news/present-2017-04-19/ http://mb-live.jp/news/present-2017-04-19/#respond Wed, 19 Apr 2017 00:00:50 +0000 https://cms-live.mb-live.jp/?p=2482 "Mercedes-Benz LIVE!の世界を体感する、新型GLA試乗プレゼント"の続きを読む]]> 今回の試乗体験の舞台は茨城県にある「桜川・ホーストレッキング/大和ホースパーク」。アクティブなGLAの乗り味を楽しみながら高速道路を駆け抜け、里山の中を乗馬トレッキング。子供も安心して楽しめるよう、小型の馬も用意されている。心おどる乗馬体験の後は、大自然の中のバーベキューに舌鼓。帰路は筑波山を眺めながら快適なドライブを楽しみ、近年「パンの街」として知られる筑波で、リラックスタイムを過ごすコースとなっている。

※試乗時はカメラマン・スタッフが同行して撮影・取材を実施し、後日レポートページとして「Mercedes-Benz LIVE!」の記事にいたします。
 
 

プレゼント概要

試乗実施予定日
(天候等により日程を調整させていただく場合があります)
2017年5月12日(金)から5月15日(月)。最大で4日間のお貸出しになります。
※体験プログラム取材は5月13日(土)を予定しております。
 
 

受付期間

2017年5月2日(火) 24:00まで

当選人数
1グループ(ご応募は、個人でも団体でもOK。お子様は身長120センチ以上から、1名のみ)
 
 

応募条件

① 国内にお住まいで、普通自動車免許をお持ちの方。
② 国内に車庫をご用意いただける方。
③ 簡単なアンケートにお答えいただける方。
④ My Mercedes会員の方、またはMy Mercedesに会員登録いただける方。
⑤ Webページやパンフレット等、メルセデス・ベンツ日本の広報活動において、ご自身の写真掲載許可をいただける方。
⑥ メルセデス・ベンツ日本からの取材に応じていただける方。
⑦ 5月12日(金) ~ 5月15日(月)の間でご利用いただける方。
(最大で4日間のお貸出しになります)
 
 

お貸し出しモデル

「The new GLA」
 
 

当選通知

5月8日頃に、当選者の方にのみ、
My Mercedesにご登録いただいているメールアドレス宛にご連絡させていただきます。
※当選者数は応募数によって変動いたします。
※車両の引渡し、返却場所は、メルセデス・ベンツ コネクション東京になります。
※車両返却時は、洗車/車内清掃/ガソリン満タン済にてご返却頂きます。

メルセデス・ベンツ コネクション(東京)
ACCESS
 
 

ご応募方法

まだMy Mercedesに登録されていない方
お申込みはこちらから
 
既にMy Mercedes会員の方
お申込みはこちらから
 
 

ご注意事項

※ご当選された方は、事前にメール・電話等でヒアリングさせて頂く場合がございます。詳細は、選考結果発表のメールにてご連絡いたします。
※ご当選された方は、メルセデス・ベンツ日本が定める誓約書にご署名ご捺印いただきます。予めご了承ください。
※ご応募は、お一人様一回となります。

]]>
http://mb-live.jp/news/present-2017-04-19/feed/ 0
6月3日(土)開催 Mercedes-Benz Driving Academy http://mb-live.jp/event/driving-2017-04-19/ http://mb-live.jp/event/driving-2017-04-19/#respond Tue, 18 Apr 2017 23:58:28 +0000 https://cms-live.mb-live.jp/?p=3258 "6月3日(土)開催 Mercedes-Benz Driving Academy"の続きを読む]]> .dl-table{padding:0 0 1em;border-bottom:1px #f1f0ef solid;margin-bottom:2em;}dl.dl-table dt,dl.dl-table dd{margin:0;box-sizing:border-box}dl.dl-table dt{padding:1rem 1rem 0;line-height:1.6em;}dl.dl-table dd{padding:0 1rem}dl.dl-table dd:last-of-type{border-bottom:0}@media screen and (min-width: 768px){dl.dl-table dt{float:left;width:25%;padding:1rem;font-weight:bold}dl.dl-table dd{margin-left:25%;padding:1rem}dl.dl-table dd:after{content:'';display:table;clear:both;height:0}}.dl-table>dd>p{margin-bottom:20px}.indent1{margin-left:1.0em;text-indent:-1.0em}.mt20{margin-top:20px !important}.mb00{margin-bottom:0px !important}hr.glay1{margin:20px 0;height:1px; border:none;border-top:1px #f1f0ef solid;

お客様ご自身のクルマでメルセデス・ベンツの走行・安全性能を体感できるイベント「Mercedes-Benz Driving Academy」を6月3日(土)中山サーキット(岡山県和気郡)にて開催いたします。 モータージャーナリストの河口まなぶさんをチーフインストラクターにお迎えし、メルセデス・ベンツの走行・安全性能を体験していただくプログラムや、新型Eクラスを使った先進技術のデモンストレーションなどのプログラムをご用意しております。 日常の運転では体感できないメルセデスの走行・安全性能をご自身のクルマで体感してみませんか。 今回は初の西日本での開催です。この機会に奮ってご参加ください。
 

イベント概要

日時
2017年 6月3日(土) 9:30~16:00(予定)

※時間は変更になる場合があります。

開催地
中山サーキット(〒709-0432 岡山県和気郡和気町大中山751)

アクセス:http://www.nakayama-circuit.com/

プログラム内容

・セーフティブリーフィング(座学):正しいドライビングポジションやメルセデスの安全性能についての講義

・機能体験プログラム:フルブレーキング、スラローム走行、コーナリング体験

・先導付サーキット走行:インストラクター先導によるサーキット体験走行

・AMG レーシングタクシー:インストラクターの運転によるMercedes-AMG 同乗試乗

※プログラムはサーキット走行初心者の方向けのものになります。

参加資格
メルセデス・ベンツを所有されている方及びご同伴者様
(普通自動車免許をお持ちの18歳以上の方対象)
参加誓約書に同意いただける方

※過去に実施した「Mercedes-Benz Driving Academy」にご参加いただいた方は、ご参加いただけませんので予めご了承ください。

使用車両
ご自身で所有されているメルセデス・ベンツ
(参加するご本人様名義の車両をお持ち込みいただきます)

※モデルによっては一部のプログラムへのご参加をお断りする場合があります。

※1986年以前に販売されたモデルはご参加をお断りする場合がございます。事前に使用予定車両を「Mercedes-Benz Driving Academy」事務局までお問合せください。

※イベント当日の車検で車両に不備が確認され、その場での整備対応(修理など)ができない場合など、運営事務局で走行不可と判断した場合は、走行プログラムには参加できません。

※違法改造や足回りの改造を施していないナンバー付き一般乗用車に限ります。

※法人登録の車両は、別途確認が必要となります。

参加費用
30,000円(昼食含む/消費税込み)

※同伴者の方は別途5,000円いただきます。(昼食含む/消費税込み)

※同伴者の方は助手席、あるいは後部座席への同乗が可能です。

※お申し込み確定後のご返金はいたしかねますので、ご了承ください。

推奨事項
イベントの事前・事後にメルセデス・ベンツ正規販売店にて「メルセデス・セーフティ・チェック」を受けていただくことを推奨します。(お客様負担、各1万円前後、点検時間約50分)
ただし、事前点検は当日の走行を保証するものではありません。
詳しくは、メルセデス・ベンツ正規販売店までお問い合わせください。
募集人数
メルセデス・ベンツオーナー/40名
※お申し込み多数の場合は抽選となります。

 

お申し込みについて

お申し込み期間
4月26日(水) 24:00まで
お申し込み方法
FAX

※お申し込み多数の場合は抽選となります。

当選通知
当選のご連絡は申込締切後、5月8日(月)までに順次お電話にて行います。
落選の方へのご連絡は行いませんので、ご了承ください。
ご当選された方にのみ、後日、事務局より「振込依頼書」を送付させていただきます。

※My Mercedes会員の方は、ご登録いただいている住所宛に発送させていただきます。

 

お申し込み方法


募集受付は終了しました。
<Mercedes-Benz Driving Academy 事務局> FAX: 03-6264-3891

 

ご注意事項

※当日は、有効な運転免許証をご持参いただくようお願いいたします。

※お客様が暴力団、暴力団員、暴力団関係者、その他反社会的勢力であると判断した場合は、ご参加をお断りいたします。

※イベント当日の車検で車両に不備が確認され、その場での整備対応(修理など)ができない場合など、運営事務局で走行不可と判断した場合は、走行プログラムには参加できませんので、あらかじめご了承ください。

※違法改造や改造車両(足回りの改造や大音量マフラー交換を含む)など、イベント当日の事前点検で、安全性を損なう恐れがあると判断された場合は、走行をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。

※小さいお子様を預ける施設はございませんので、18歳未満の方はご遠慮ください(ただし、保護者の方が常に帯同される場合は、お連れいただいても構いませんが、ご観覧のみとなります。ピット、各コース、サーキットへのご入場はご遠慮いただきますので、あらかじめご了承ください)。

※お申し込み手続きに、保険契約は含まれておりません。本イベントのように、サーキットでお車を使用する際の保険の適応範囲につきましては、必ずご自身でご加入の保険会社に事前にご確認・ご相談ください。

※メルセデス・ベンツ日本の広報活動において、公式ホームページやパンフレットなどに、ご参加の皆様の写真を掲載する場合があります。本イベントに参加されることで、写真掲載の許諾をいただいたものとします。あらかじめご了承ください。

※雑誌社などのプレス取材があります。お客様を撮影するわけではありませんが、写り込んでしまう場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※詳しくはメルセデス・ベンツ正規販売店、またはセールススタッフまでお問い合わせください。


本イベントに関するお問い合わせ

「Mercedes-Benz Driving Academy 事務局」 (株式会社zenplus内)

tel.03-6264-3892(10:00~18:00/土・日・祝日はお休みです)


]]>
http://mb-live.jp/event/driving-2017-04-19/feed/ 0
<AMG 45 オーナー様限定>「AMG 45 Driving Club」参加者大募集! http://mb-live.jp/event/driving-2017-04-14/ http://mb-live.jp/event/driving-2017-04-14/#respond Tue, 18 Apr 2017 23:55:15 +0000 https://cms-live.mb-live.jp/?p=2622 "<AMG 45 オーナー様限定>「AMG 45 Driving Club」参加者大募集!"の続きを読む]]> .metallist h4{text-align:center;}.dl-table{padding:0 0 1em;border-bottom:1px #f1f0ef solid;margin-bottom:2em;}dl.dl-table dt,dl.dl-table dd{margin:0;box-sizing:border-box}dl.dl-table dt{padding:1rem 1rem 0;line-height:1.6em;}dl.dl-table dd{padding:0 1rem}dl.dl-table dd:last-of-type{border-bottom:0}@media screen and (min-width: 768px){dl.dl-table dt{float:left;width:25%;padding:1rem;font-weight:bold}dl.dl-table dd{margin-left:25%;padding:1rem}dl.dl-table dd:after{content:'';display:table;clear:both;height:0}}.dl-table>dd>p{margin-bottom:20px}.indent1{margin-left:1.0em;text-indent:-1.0em}.mt20{margin-top:20px !important}.mb00{margin-bottom:0px !important}

中山サーキット(岡山県)
2017年5月27日(土)開催

富士スピードウェイ ショートコート(静岡県)
2017年9月30日(土)開催

 

5月27日(土)中山サーキット、9月30日(土)富士スピードウェイ ショートコースにてメルセデス AMG 45 シリーズのオーナー向けサーキット走行会「AMG 45 Driving Club」を開催いたします。

SUPER GT等、国内レースで活躍する現役レーシングドライバーの谷口信輝選手・黒澤治樹選手・中山友貴選手をインストラクターに迎え、ご自身のAMG 45 シリーズでサーキット走行を安全に楽しんでいただくイベントです。

AMG 45 シリーズのオーナーでサーキット走行初心者の方を対象としたプログラムとなっておりますので、サーキットでの基礎的なドライビングテクニックを学びたい方は是非ご参加ください。

インストラクター陣

  • 谷口 信輝 選手
    (5月27日)

  • 黒澤 治樹 選手
    (5月27日、9月30日)

  • 中山 友貴 選手
    (9月30日)

イベント概要

開催場所・日時
① 2017年5月27日(土) 中山サーキット(岡山県)
② 2017年9月30日(土) 富士スピードウェイショートコース(静岡県)午前 8:30~12:15(受付8:00~)予定
午後 13:15~17:00(受付12:45~)予定
※実施時間は両日とも共通です。
定員
各40名(午前の部/午後の部 各回20名)
対象
メルセデス AMG 45 シリーズのオーナーでサーキット走行が初めての方
参加車両
ご自身が所有されるA 45 / CLA 45 / CLA 45 Shooting Brake / GLA 45
(参加するご本人名義の車両をお持ち込みください。法人登録の車両は、別途確認が必要となります。)
インストラクター
谷口信輝選手 / 黒澤治樹選手(5月27日)
黒澤治樹選手 / 中山友貴選手(9月30日)
参加費
30,000円(昼食含まず、税込)

※ご同伴者様の人数制限はありませんが、普通自動車免許をお持ちの18歳以上の方に限らせていただきます。

※お申し込み確定後のご返金は致しかねますので、ご了承下さい。

プログラム
– セーフティブリーフィング(座学)
– 基礎ドライビングテクニック
– サーキット先導走行
ご注意事項

※当日撮影したイベントの写真は、Webページやパンフレット等、メルセデス・ベンツ日本の広報活動において掲載されますので、予めご了承ください。

※走行車両に関しましてはスポーツ走行に適した整備を施されていることが条件となります。

※走行車両はすべて排気音量最大95db以下(ナンバー無しも同様)厳守となります。

お問い合わせ
本イベントに関するお問い合わせは、下記、「AMG 45 Driving Club事務局」までお願いします。

【AMG 45 Driving Club 事務局】
amg_dc@zenplus.co.jp
(受付時間 10:00-18:00 / 土・日・祝日除く)
TEL:03-6264-3070

お申し込みについて

お申込み期間
定員に達し次第、受付終了となります。

お申込み方法
WebもしくはFAX

※お申込みは、先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

当選通知
ご当選された方にのみ、後日、事務局より「振込依頼書」を送付させていただきます。

お申し込み方法

Webから応募
以下ボタンからMyMercedesにログインいただき、ご応募ください。
ご応募はこちら

FAXで応募
手順1.以下ボタンより<AMG 45 Driving Club FAX申込用紙>を印刷いただき、必要事項をご記入ください。
手順2.ご記入後「AMG 45 Driving Club 事務局」までFAXにてお送りください。
※FAX用紙内の参加誓約書・参加条件等ご確認のうえ、お申し込みください。
FAX申し込み用紙
<AMG 45 Driving Club 事務局> FAX: 03-6264-3891

]]>
http://mb-live.jp/event/driving-2017-04-14/feed/ 0