新型GLA-Class CMコンテスト、始動!

この秋、メルセデス・ベンツは、あのデジタルハリウッドとのコラボレーションを実現、新型GLAをモチーフとした映像コンテストを開催いたします。あなたも審査員として、本コンテストに参加してみませんか?

結果発表中! ご投票ありがとうございました

新型GLAをモチーフとした映像コンテスト。このたび皆様のご投票と審査員の厳正な審査の結果、各賞が決定いたしました。詳しくは下のボタンを押してご覧ください。

詳細はこちら

WEB投票で審査に参加しよう!

新型GLA 映像コンテストの審査員は、本サイトやMercedes-Benz 公式Facebookページをご覧いただいているあなたです!
映像作品は後日、公式Facebook上にて公開いたします。あなたのいいね!やシェアが審査ポイントの1つとなります。
他にも、メルセデス・ベンツ日本からは、プロダクトマネージャーをはじめマーケティング部門のマネージャーなどが商品視点から、デジタルハリウッドからは杉山学長をはじめとする講師陣が教育やクリエイター視点から、審査を行います。

イイネ!facebook メルセデス・ベンツ公式フェイスブックページMercedes-Benz LIVE! メルセデスブランドの新しいポータルサイト

CMコンテストに挑戦する映像制作チームのご紹介

デジタルハリウッド本科3DCG映像アーティスト専攻スクール生21名が、7つのチームに分かれて映像制作を行います。
メンバー一同、全力で映像作品の制作に取り組んでまいります。
デジタルハリウッド(専門スクール)の3DCGコースの詳細はこちらより

映像制作チームと作品コンセプト

チーム名:チーム10月 構成人数:3人

コンセプト:「GLAと猫をサイバーなルービックキューブ化、背景はきらびやかに光る工場。ルービックキューブが回転しそれぞれの形が明確になっていく、GLAと猫の形が光と共に実体化、背景が崩れ街へ疾走する、というストーリー。街は渋谷がモデル。
クールでスタイリッシュなイメージを前面にだしつつ猫をモチーフとしてGLAのコンパクトさと軽快さも訴求します。」

チーム名:まめしばブラッディファング 構成人数:2人

コンセプト:「『コンパクトで美麗なデザインながら、あらゆるシーンで活躍できる』を表現したかったため、GLAが中央に配置された部屋で、そのデザインをあらゆる角度から映しながら、その背景(壁面)には、都会・オフロード・レジャーを連想させる画を映りこませます。ターゲットに選定した客層に訴えるため、あえてキャラクター性を排除して抽象的な表現で魅力をアピールします。」

チーム名:だいだらぼっち 構成人数:1人

コンセプト:「2Dかつドットのような表現をすることで、その時代(1990~)のゲームを遊んでいた層と物心ついた子供の大半の目を引きます。
またゲーム的表現をするなら、GLAにしかない特徴である角度センサーと走破性が一番見てる側にも理解しやすいと考えました。」

チーム名:TeamDragon 構成人数:4人

コンセプト:「 非日常へ冒険。どこでもいけるGLAを表現します。
ワクワク感、期待感を出すためにコミック調の表現手法で。
『日常とのしがらみ』につかれた主人公がGLAに乗り非日常へ冒険に出かけるというストーリーで描きます。」

チーム名:scallop(スカルプス) 構成人数:4人

コンセプト:「狭い道を走破するシーンと群集が追いかけるシーンがあり、GLAのデザイン性の高さを強調します。
また浮世絵風のアニメーションにすることで日本に合った車であることを表現しつつ、メルセデス・ベンツに親しみを持ってもらうことを狙います。」

チーム名:Terry・BLAM・Jones 構成人数:4人

コンセプト:「子供を連想させ、また未来に対しての可能性を表現するために最も適した存在としてイモムシをキャラクターに設定。丸くてかわいらしいフォルムの小さな生き物を登場させることで、主要な購買層の男性だけではなく女性や子供に興味を持ってもらうことができると考えました。」

チーム名:OTTOTTO 構成人数:3人

コンセプト:「長年付き合っていた彼氏と別れた女の子が、ベンツに乗ることによってリフレッシュする、というシンプルで身近なストーリー。
キャラクターが車内で動く表現を作ることによって、ターゲット層に現実味のあるイメージを提供します。また現実味あるストーリーを構成することによってベンツと顧客側との距離感を縮めることが出来ると考えました。」

制作風景

キックオフ イベント・レポート

2014年10月7日、メルセデス・ベンツ コネクション(東京)で新型GLA映像コンテストのキックオフイベントを開催しました。デジタルハリウッド映像制作チームに対するコンテストのオリエンテーションのほか、新型GLAの試乗体験・撮影会などが実施されました。当日のイベントの模様を写真とともにお届けします。

キックオフのご挨拶

メルセデス・ベンツ日本マーケティングコミュニケーション部の禰宜田マネージャーとデジタルハリウッドの齊藤事業部長から、キックオフのご挨拶が行われました。

メルセデス・ベンツ ブランドオリエンテーション

メルセデス・ベンツ日本から、常に挑戦と革新に挑むメルセデス・ベンツのブランド理念をご紹介しました。

映像テーマ発表

新型GLAならではの機能性とファッション性をご紹介し、合わせて映像コンテストのお題が発表されました。

試乗・撮影会

新型GLAの試乗会と、撮影会が行われました

■GLAを試乗してみて ・「『男のSUV』というより『アクティブな女性』という印象を受けました」 「メルセデス・ベンツの高級感・乗り心地を保ちつつ、都市部に合わせた発展型になっていると感じた」 「メルセデス・ベンツなのに、自分たちでも手が届く値段ということに衝撃を受けた」 「日本人のファミリー向けで、カッコいい車種です。カスタマイズの幅があり、とても好きになりました」 「日本の交通事情に合っている車だと感じた」

デジタルハリウッドとは

つくってる?みらい digital hollywood

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。
東京(御茶ノ水)、渋谷、大阪、福岡で4校の専門スクールと、eラーニングによる通信講座を展開し、設立以来、
7万人以上の卒業生を輩出。
2004年には、日本初、株式会社による「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、その後、「デジタルハリウッド大学」を開学。
2012年5月、自分のライフスタイルに合わせて好きな時間に学べる新しい学習スタイルを取り入れたラーニング
スタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」の第1号を新宿にオープン。現在、東京(渋谷・新宿・御茶ノ水)、神奈川(横浜)、大阪(梅田)、福岡(天神)、新潟(新潟)、愛知(名古屋)、鳥取(米子)、沖縄(沖縄)、北九州(小倉)、熊本(熊本)全12校のSTUDIOを展開中。今後も全国の地方都市へ出展予定。
またアジアへの展開も注力し、タイに「デジタルハリウッド バンコク校」を開校。
国内外におけるデジタルコンテンツ業界の人材育成と、産業インキュベーションに力を注ぐ。
2014年10月に設立20周年を迎えた。

注意事項:本コンテスト内容(映像作品秒数・チーム編成・発表作品など)は、カリキュラムや企画内容などの状況に応じ変動する場合がございます。