清水和夫氏が語る、メルセデスとSクラス Vol.1 ハイブリッドを再定義するディーゼルハイブリッド S 300 hの誕生

清水和夫氏が語る、メルセデスとSクラス

メルセデスとは、どんな哲学や思想を持ったブランドなのか。
なぜSクラスは、ラグジュアリーセダンにおける最高峰と呼ばれるのか。
普段あまり明らかにされることのない、ブランドやSクラスの深層を自らもメルセデスのオーナーであるモータージャーナリスト、清水和夫氏が語る。

ハイブリッドを再定義する、ディーゼルハイブリッドS 300 hの誕生

Sクラスから新しく登場するS 300 hは、メルセデス初の「ディーゼルハイブリッド」。カナダで試乗しましたが、
これは、ハイブリッドであることの意味がすごく強いですね。ディーゼルエンジンとモーターが出会ったことで、これでようやくハイブリッドが完成したかのような感じです。

これまでのハイブリッドシステムは、ガソリンエンジンとモーターの組み合わせ。ガソリンエンジンの特性としては、トルクが後から出てくる。モーターの特性としては、電流を流したら最大トルクが最初に出てしまう。こうした組み合わせでは、ガソリンエンジンのトルクの立ち上がりの弱いところをモーターで補完しているわけで、強さにはなっていない。しかし、ディーゼルエンジンは、最初から低速トルクがガソリンのターボよりも大きいですから、それがモーターのトルクと重なるわけです。
だから、S 300 hの誕生により、ハイブリッドがディーゼルンジンを得て、初めてハイブリッドの本懐を遂げたという気がしました。これは美辞麗句ではありません。

何を求めるかで選びたい、3つの個性のSクラス。

Sクラスでいえば、S 300 hとS 400 h、S 550 long、それにS 550 e long。つまりディーゼルハイブリッドと、ガソリンハイブリッド、V8のツインターボエンジン、V6のプラグインハイブリッド。それぞれパワートレインに個性がありますから、その個性をしっかりと把握したい。やはりガソリンエンジンは、エンジン回転もあるのでアドレナリンが一番出る。だからカーンと回した気持ちよさを求めるなら、S 550 longがいい。また、街中を電気で走りたいんだったら、プラグインハイブリッドのS 550 e longを選べばいい。実利で取るんだったら、S 300 hかなという気はします。

なぜディーゼルにプラグインがないのか、という質問が出るかもしれませんが、おそらくガソリンエンジンは燃費が悪いので、やはりプラグインで走行距離を伸ばす方がCO2削減にはなる。ディーゼルはもともと燃費もよくCO2の削減にも貢献できるから、プラグインまでいらないという考え方だと思います。

大きなクルマで大きなエンジンを回して、小さなクルマでエコドライブをやるのはむしろ逆。小さなクルマはもともと環境負荷が小さいから、思い切り走ってもたいしたことはありませんが、大きいクルマが思い切り走ると、ぐっと燃費が悪くなる。

ですからもう発想を、旧態依然とした考え方から変えていくべきですね。むしろこれからは「ノブレス・オブリージュ」ではないですが、やはり富裕層や社会的な地位の高い人たちが率先して、サスティナブルなことをやるべきだと思います。

モータージャーナリスト 清水和夫氏

1954年生まれ東京出身。1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして、多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとしても多数出演。国際産業論に精通する一方、スポーツカー等のインストラクター業もこなす異色な活動を行っている。