C-Classroom Report Vol.10 メルセデスAMG C 63 S試乗レポート

ついに新世代C 63を日本の公道で試す

 メルセデスAMG C 63が、ついに日本上陸を果たした。そこで、C 63 Sを早速借り出して、東京から箱根・伊豆を往復してきたのでレポートしたい。

 新型C 63でまず特徴的なのはエクステリアにおいて増した“自然な力強さ”だ。それを象徴しているのは左右で15mmずつ、計30mmワイド化されたフロントフェンダー。またこれに併せて専用にデザインされた大開口のバンパーによって、正面から見た時にノーマルと異なる迫力ある顔つきを感じさせる。
 しかも左右15mmずつの拡幅は、取って付けたようなデザインではなくアスリートの筋肉を思わせるような隆起。併せてボンネットにも2本の隆起した膨らみが加わることで、その下に内包されるパワーユニットがとてつもないものであることを想起させる。

 そして後ろから眺めても、C 63はやはり自然な力強さを携えている。やはり専用にデザインされた、ディフューザーを含むリアバンパーと、トランクの上に控えめなボリュームながらも確実に存在感を示すリップスポイラーを備えることで、普通とは異なるオーラを放っている。
 ドアを開けると、目の前には新世代のメルセデスAMGらしい空間が広がる。これまでのAMGモデルでは、ノーマルと異なりセンターコンソールにシフトレバーを置いていたが、C 63の場合はノーマルと同様の位置となった。ただ、それでも専用のIWCウォッチや、AMGのロゴが入ったステアリング、360km/hスケールのメーター等が静かに違いを物語る。

 またペダルはいかにもスポーツドライビングしやすいアルミの穴あきタイプとなっているほか、シートは体をしっくりとホールドしてくれるスポーツバケットに改められている。
 新型Cクラスとしての上質さに、メルセデスAMGならではのアスリート感覚が融合したその空間は、まさにトップ・オブ・Cクラスと呼ぶに相応しい演出がなされていると感じた。

圧倒的なパフォーマンスを誇る4.0ℓ V8直噴ツインターボ

 スターターボタンでエンジンを始動すると、AMGらしい咆哮を響かせながら新世代パワーユニットが目覚める。4.0ℓの排気量を持つV8直噴ツインターボ・エンジンは、このC 63 Sでは最高出力510ps、最大トルク700Nmを発生する。特に最大トルク値は、先に登場したメルセデスAMG GT Sを凌駕するものである。そう考えると、C 63 Sがいかにハイパフォーマンスかがわかる。
 マルチクラッチ化された“AMGスピードシフトMCT”を、パドルを使って1速へと入れて、アクセルを踏み込む。すると超絶に気持ちよい加速が始まる。

 先代とは異なりターボ化されたエンジンだが、低回転から力強さに溢れており、言われなければターボと気づかない人もいるだろう。つまりそれだけ低回転から最大トルクを発生する、いわゆるフラット・トルクの特性が与えられている。それだけに、街中でもアクセルに足を乗せて少し力を入れるだけでゆとりの加速が生まれる。当然とても扱いやすい。
 もちろんアクセルを踏み込むと、スウッと背中がシートに押し付けられ、目の前の景色が急に狭まって吸い込まれるほどの加速が堪能できる。大きな力を携えているからこその、ゆとりが生む気持ち良い加速がここにある。

 乗り心地はいかにもメルセデスAMGらしい味付けがなされている。先代C 63の初期型も相当にハードな味付けだったが、今回のC 63もかなりスパルタンな印象を与えるものになった。例えば街中の段差通過などではハッキリとした衝撃を伝えてくるし、高速道路でも路面が荒れていると跳ねる場面がある。

 とはいえサスペンション自体は至極スムーズに動くために、フラットな路面では実にキレイに路面を捉え、しっかり感を常に漂わせつつ滑らかな動きを見せてくれる。それはいかにもサーキット等で限界が高そうなイメージである。

関連リンク