C-Classroom Report Vol.9 Mercedes-AMG C 63 / C 63 S海外試乗レポート

圧倒的な存在感

朝、ジョギングをしようとホテルのエントランスを出ると、そこにはこの後に我々自動車ジャーナリストが試乗するための試乗車が、ズラリと並べられ始めていた。
相変わらずのオーラの強さを、眺めているだけで感じる。新型Cクラスは新世代のデザイン改革を経て、これまでにない艶やかさを手に入れたが、そこに加わるAMGのプロダクトならではの、圧倒的な力強さが見事に表現され、独特の存在感を示している。
しかしながらいま、目の前にある新型は先代の荒削りな感覚は影を潜め、成長を経て洗練された感覚さえ手に入れている。若さと才能で勝負していたアスリートが、様々な経験を経て優れた身のこなしを覚え、見た目も中身も一流となった…そんな感覚が漂っている。

今回から正式な車名は「メルセデスAMG C 63」という。メルセデス・ベンツでは今後、まずブランドとしての「メルセデス・ベンツ」があり、サブブランドとしての「メルセデスAMG」と「メルセデス・マイバッハ」が存在する。そしてその後に車名が与えられる。これが新世代メルセデスのネーミング手法。日本でも順次、この呼び名に変更されていく。
今回はそんな風に名前も新たになったCクラスの最強モデルをポルトガルのファロ近郊で試したので、早速レポートしたい。

ダウンサイジング・ターボエンジンを搭載

イグニッションをオンにすると、新たに4.0ℓの排気量となったV8エンジンが即座に目を覚まし、周りの空気を震わせるような「フォン」という排気音を響かせる。
先代のC 63 AMGでは、6.2ℓのV8自然吸気エンジンを搭載していた。そしてスーパースポーツであるSLS AMGとともに、このエンジンを最後まで使ったモデルでもあった。

しかし今回から、エンジンは一新されて2.2ℓもダウンサイジングを果たした4.0ℓのV8ツインターボエンジンに取って代わった。このエンジンは先に発表されたメルセデスAMGの新スポーツカーであるGTと基本をともにするものでもある。最高出力は476ps、最大トルクは650Nmと、その数字から分かるように、先代の6.2ℓのV8エンジンを凌ぐ数値が実現されている。

しかも今回からは、AMGの上級モデル同様に「S」の称号が与えられた高性能モデルであるC 63 Sが用意されており、こちらは最高出力510ps、最大トルク700Nmを発生するまでに至っている。
実際に走らせての新エンジンの印象は、とても良いものだ。まずターボをあることをほとんど感じさせない、低回転域からの力強さが存分に感じられる。実際に最大トルクの発生回転数は1,750-4,500回転で、実用回転域では常に最大トルクを発生する。それゆえにアクセルをわずかに踏んだだけで相当の力が得られるため、日常生活で使うにあたっては極めて扱いやすい印象だ。
もちろん、アクセルを踏み込めば圧倒的な加速性能を手に入れることができる。今回のC 63 Sでは、0-100km/h加速性能は4.0秒とスポーツカーすら置き去りにするほどの性能を持っている。

鍛え上げられた足回り

そうして走り出してまず感じるのは、ノーマルのCクラスとは異なるダイレクトな乗り味走り味。サスペンションは当然、AMGの手によって強化されたものが与えられる。

「AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション」が3段階の電子制御可変機構を備えており、快適性を重視したモードからスポーツ走行までをカバーしてくれるため、大径タイヤ&ホイールながらものり心地の良さを確保しつつ、スポーツ走行では大径タイヤ&ホイールの性能を活かし切ることができる。

ノーマルCクラスとは確実に異なる乗り味だが、乗り心地自体は先代C 63 AMGよりも快適なものとなった。絶対的な硬さでいえば硬い部類に間違いないサスペンションではあるが、それでも不快な衝撃を徹底的に排除しており、常にフラットな姿勢をキープしようとしている。
高速域でも安定感を全く失わず、サスペンションがよく動くあたりにAMGの実力の高さを感じるのだ。

この段階ではまだ、新型C 63およびC 63 Sの持っている性能はほとんど使われていないが、それでも十分に逞しさと成長の大きさを感じた。
特に僕は、以前にW204のC 63 AMGの前期型を所有していたし、現在はW205のCクラスを所有しているだけに、まずAMGとしての進化ぶりには心底感心したし、W205のバリエーションとして一層魅力的になったことを嬉しく思ったのだった。

<後編に続く>

関連リンク